日本とインドネシアの若手アーティスト7名が
音楽を通じた国際共同制作に挑む
1月24日(水曜日)、26日(金曜日)京都で制作過程の公開と成果報告を実施

2018年1月10日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターと7名の若手アーティストが協力して、音楽を通じた新たな国際共同制作に挑むプロジェクト、「NOTES: composing resonance」が始動します。2018年1月から7名のアーティストが、東京と京都で約2週間の滞在制作をおこないます。

本プロジェクトは、滞在中にお互いを知り合いながら、共に何ができるかを考え、音楽を通じて表現し、来年度に予定している国際共同制作の発表に向けて、今年度は企画の立案と作品制作を行います。京都にて制作過程公開としてのOpen Studio(1月24日)と、滞在期間中の成果報告のためのSharing Session(1月26日)を行います。なお、本プロジェクトにはアドバイザーとして、作曲家の野村誠氏とサウンドデザイナーの森永泰弘氏をお迎えしています。

詳細は配信プレスリリース【PDF:417KB】をご覧ください。

  • 若手アーティストの写真1
  • NOTES: composing resonanceのロゴ画像
  • 若手アーティストの写真2

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム(担当:青柳、前田)
電話:03-5369-6140 ファックス:03-5369-6141
Eメール:notes@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る