高嶺格、岩崎貴宏、毛利悠子らによるグループ展、キューバ初開催
「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」

2018年3月6日

ウィフレド・ラム現代美術センター(展覧会会場) 外観

際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2月22日のプレスリリースでお知らせしました通り、キューバにおいて展覧会「近くへの遠回り―日本・キューバ現代美術展」を開催します。このたび、本展の詳細が決定しましたので、下記にお知らせいたします。本年が日本人キューバ移住120周年に当たることを記念して、キューバでの日本文化への関心を喚起し、日本・キューバの現代美術を通した芸術交流の発展を目指します。なお、本展は、キューバでの展覧会後、6月に東京で帰国展を開催する予定です。

詳細は配信プレスリリース【PDF:1,070KB】をご覧ください。

配信プレスリリース

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 文化事業部事業第1チーム(美術展担当:難波、西藤)
電話:03-5369-6061 ファックス: 03-5369-6038
Eメール:arts1@jpf.go.jp

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る