業務実績報告書 平成20(2008)年度

平成20年度 項目別業務実績報告書表紙

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)の業務実績報告書です。

【各コンテンツ別の目次】


業務実績報告書で使用した事業実績額(調整値)について

No.1
一般管理費の平成18年度比15%削減
No.2
業務経費の毎事業年度1.2%以上削減
No.3
機動的かつ効率的な業務運営
No.4
事業目的等の明確化・外部評価の実施
No.5
外交政策を踏まえた事業の実施
No.6
地域・国別の政策等に応じた事業の実施
No.7
他団体との連携
No.8
予算・収支計画・資金計画及び財務内容の改善に関する事項
No.9
短期借入金の限度額
No.10
重要な財産の処分
No.11
剰余金の使途
No.12
人事管理のための取組
No.13
施設・設備の運営・改修
No.14
文化芸術交流事業の重点化
No.15
人物交流、市民青少年交流、文化協力
No.16
文化芸術交流
No.17
日本語事業の重点化
No.18
多様化する日本語への関心やニーズを日本語教育へつなげるための施策、
日本語教育の総合的ネットワーク構築
No.19
日本語能力試験
No.20
海外日本語教師に対する施策
No.21
海外日本語学習者に対する施策
No.22
海外日本研究の促進
No.23
知的交流の促進
No.24
国際交流に関する情報の収集・提供及び事業の積極的広報
No.25
海外事務所・京都支部の運営状況
No.26
国際文化交流のための施設の整備に対する援助
  • 韓国
  • 中国
  • インドネシア
  • タイ
  • フィリピン
  • マレーシア
  • インド
  • オーストラリア
  • カナダ
  • 米国
  • メキシコ
  • ブラジル
  • イタリア
  • 英国
  • ドイツ
  • フランス
  • ハンガリー
  • ロシア
  • エジプト
資料1
評価指標の設定について
資料2
プログラム別外部専門評価の実施について
資料3
評価に関する有識者委員会について
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る