国際交流基金
障害×パフォーミングアーツ 特集2016
ロンドンオリンピック・パラリンピックの文化プログラムのレガシーを進化させ、未来に繋ぐ

2016年1月20日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、諸外国との文化交流を通じ、創造的で多様性のある芸術活動への支援の一環として、今年度(2015年度)より「国際交流基金 障害×パフォーミングアーツ特集」を開始します。

本特集プログラムでは、2012年ロンドンオリンピック・パラリンピックの文化プログラムのひとつとして展開された、障害のあるアーティストの創造性溢れる活動を支援するプログラム、「アンリミテッド(Unlimited)」のレガシー(遺産)を受け継ぎ、さらに進化させ、日本から世界に障害のあるアーティストによる優れた芸術活動に対する認知度の向上と、アーティストの活躍の場の拡大に貢献することを目指します。

初年度となる今年度は、特に障害者の多様な身体感覚に着目。日本ならではのテクノロジーや先端技術を活用し、3つのパフォーミングアーツと、1つのシンポジウムを通じて、この身体感覚を拡張し、新たな芸術創造の可能性を引き出していくことに挑戦します。

詳細の公演内容、チケット情報の詳細につきましては、当基金ウェブサイトページをご参照ください。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 文化事業部事業第1チーム(担当:西山) 
電話:03-5369-6061 ファックス:03-5369-6038
Eメール:jfq1-tpam@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、森)
電話:03-5369-6089 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る