海外日本語教師の養成・研修

ストーン ケリー マリー

米国
ローズモント高校・アインシュタイン中学校
ストーン ケリー マリー
STONE, Kelly Marie

2014年の夏に私は日本語国際センターの研修に参加しました。本当にすばらしい経験だったと思います。センターに行く前、日本語で理解することについて不安がありました。プログラムに参加して、先生方や他の参加者と話す時、日本語が分かるかどうかドキドキしていました。しかし、プログラムが始まった時すぐに安心しました。先生方や日本語国際センターの方々はすごく親切で、何でも手伝ってくれました。とても嬉しかったです。

一番楽しかったことは、色んな国から来た教師と会うことができたことです。すぐに仲間になって、いろいろな新しくて面白い効果的な指導法を学びました。もし、センターのプログラムに参加しなかったらこの出会いはなかったと思います。

もちろんセンターと参加者から学んだことはアメリカに戻ってから学校でよく使っています。特に受容能力に関するアクティビティーです。日本語国際センターの授業でJFスタンダードについて学びました。私のクラスを考えながらJFスタンダードの木にあるコミュニケーション言語活動を見ました。私の生徒の受容能力は弱すぎるということが分かりました。「まるごと」や先生方から学んだアクティビティーを使えば、生徒の聞いて理解する力はだんだん強くなると思います。

もちろん、もう一回研修に参加したいですが、この研修について他のネイティブではない日本語教師に教えて参加してもらいたいと思います。他の先生方はこのプログラムについて知らないです。この研修に参加するチャンスがあることを知らないのは惜しいと思います。

一番大切なことはアメリカへ帰ってから私の自信がすごく強くなったことです。日本語で話している時まだ少し間違えることもありますが、ネイティブスピーカーと話すことが怖くなくなりました。私にとってこの自信はアメリカでのトレーニング、教科書、または経験より大事なことだと思います。日本語国際センターに感謝しています。

参加した研修:2014年度海外日本語教師短期研修(夏期)

授業風景の写真
集合写真

ストーン ケリー マリー【PDF:376KB】 PDF