English

HOME > 海外日本語教師の養成・研修

海外日本語教師の養成・研修

海外の日本語教師のスキルアップは日本語教育の推進・支援のため最も重要かつ必要性の高い課題のひとつです。

国際交流基金日本語国際センターでは、海外で活動する外国人日本語教師を主な対象として、さまざまな研修事業を展開しています。1989年の開設以来、センターで研修を受けた人はのべ1万人以上に上ります。

主な研修プログラムは次のとおりです。(年度によって実施するプログラムは異なることがあります)

公募プログラムの平成28(2016)年度分の申請締め切りは2015年12月1日です。

プログラム名 募集 期間 内容
日本語教育指導者養成プログラム(修士課程) 公募 1年

各国・地域における日本語教育界において指導的立場に立つ人材を養成します。日本語国際センターと、政策研究大学院大学(GRIPS)が連携して現職日本語教師、日本語教授経験者等を対象に1年間の修士課程プログラムを実施します。

日本言語文化研究プログラム(博士課程)   休止中 原則3年  
海外日本語教師 上級研修 公募 約2か月

日本語教師として高度な専門知識や技能を必要とし、かつ具体的な研究課題を有している日本語教師を対象に2か月間の研修を行います。

海外日本語教師 長期研修 公募 約6か月

日本語教授経験の短い若手外国人日本語教師を対象に、日本語・基礎的な日本語教授法・日本事情について6か月間の研修を行います。

海外日本語教師研修 短期研修 公募 約2か月

日本語教師として2年以上の教授経験をもつ外国人日本語教師を対象に、日本語・日本語教授法・日本事情について約2か月間の研修を行います。

海外日本語教師研修 日系人研修 公募 約2か月

中南米地域の日系人日本語教師を対象に、日本語教授法や日本語運用能力の向上のための約2か月間の研修を行います。

さくらネットワーク研修(基礎) 限定公募(さくらネットワークメンバー限定) 約1か月

「さくらネットワークメンバー」の機関に所属し、日本語教授経験が短く日本語運用力の一層の向上を必要とする外国人日本語教師を対象に、日本語、日本文化、基礎的な日本語教授法についての1か月間の研修を行ないます。

さくらネットワーク研修(上級準備) 限定公募(さくらネットワークメンバー限定) 約2か月

「さくらネットワークメンバー」の機関に所属し、日本語教育の実践において、教授法、カリキュラム、教材等における問題を感じている日本語教師を対象に、2か月の研修を行います。

国別研修 非公募  

非公募による国・地域別日本語教師研修として、相手国政府(教育部等)等との連携による研修を行います。

JF日本語講座講師研修 非公募 2週間 国際交流基金が運営する海外日本語講座(JF講座)で教える講師を対象に研修を行います。
他機関との連携事業     他機関との連携により、教師研修、教授法研修等を実施します。
「にほんご人フォーラム」
(他機関との連携事業)
    かめのり財団との共催で、平成25年より、東南アジアと日本の高校生と教師が集い、共に学ぶ事業を実施しています。
受託研修     他機関からの受託により、教師研修等を実施します。

公募プログラムの詳細、申請については助成申請についての詳細ページをご覧ください。

※公募プログラムに申請を希望される場合は、各プログラムの説明をよくお読みの上、最寄りの国際交流基金海外拠点事務所または海外公館にて申請書を入手してください。なお、一部のプログラムを除き、日本国内からの申請受付を行っていませんのでご注意ください。

【お問い合わせ】

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話 : 048-834-1181 ファックス : 048-834-1170
Eメール : urawa@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ