日本語国際センターについて

所長あいさつ

砂川裕一氏の写真 国際交流基金日本語国際センターは、国際交流基金の研修施設として、1989年7月に埼玉県浦和市(現在のさいたま市)に設立されました。日本国外における日本語教育の指導的人材を育成する研修・教育事業と、日本語教育の充実を図るための日本語教材や教授法の研究・開発・普及を行う教材開発事業を2本の柱として活動を行っています。また、日本語教育に関わる専門図書館も擁しています。センターの諸活動をサポートするとともに、多くの研究者・教師・学習者の必要性に応えるために、日本語の教科書・教材をはじめとして、日本語教育学、日本語学、言語学、日本事情、日本文化論、外国語教育などに関する資料や情報を収集・提供しており、日本語教育関係者のみならず広く一般にも公開しています。 日本の国内であれ国外であれ、日本語や日本文化について学ぼうとする学習者も日本語を教えようとする教師も、一人一人の動機や思いはさまざまであり、それぞれの目的も教育や学習の環境もさまざまに分かれます。教材や資料や基礎的な考え方を整え多様な研修プログラムを展開することで、世界各地の、そして一人一人のニーズにきめ細かく応えることが日本語国際センターの重要な使命であると考えています。 日本語教育は日本語という言語の教育にのみ特化するものではなく、日本社会や日本文化のさまざまな側面と密接な関わり合いを持って成り立っています。相互理解はことばの上だけの出来事ではなく、また表層的な知的理解にとどまるものでもなく、人間的・社会的・文化的な意味や意義を伴い、自他の異なりを許容しようとする態度をも伴います。 日本語国際センターは、地域の自治体・諸団体や関係諸機関、また世界各地で日本語学習や日本語教育に関わるさまざまな人々との連携・協力を深めながら事業を展開し、国際社会における相互理解を推し進めるための言語的・社会的・文化的な素養を有する有意の人材を育てていきたいと思います。今後ともご指導、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

2018年4月
国際交流基金 日本語国際センター 所長
砂川 裕一