海外日本語教師の養成・研修

タムコワ スヴェトラーナ

ウクライナ
School of Oriental Languages and Сultures
タムコワ スヴェトラーナ
TAMKOVA, Svitlana

私が初めて日本語国際センターを訪れたのは、9ヶ月の長期研修コースに参加させていただいた1999年でした。その後、2007年に短期コースと、教師研修に参加させていただきました時、 教師としてこれからの人生を生きて行くにあたっての多くの事を学びました。
長期研修後、母国の大学で教え続けましたが、研修前とは教え方も、使用する教材も大きく変わりました。ちなみにコンピューターを使えるようになったのは日本の研修でです。2000年の時まではまだキエフには日本センターも無く、1976年に作られた教科書しかありませんでした。大学では、教師研修で習ったことを最大限生かすように努力しました。
2008年までキエフ国際大学で、それから日本センターでも教えておりまして、最後の2年間は東洋言語学部長として働きました。そして病気で大学をやめました。2010年に友人の協力の元、自分の東洋言語学校を設立することが出来ました。(www.shid.com.ua別サイトへ移動します)

大人も子供も誰でも9つの東洋言語の中から好きな言語を習うことができます。今年設立5周年を迎えました。それもひとえに浦和センターで様々な事を学んだおかげだと大変感謝いたしております。
教科書や教え方はもちろん大切ですが、センターの先生方やスタッフの皆様に習った事は、お客様に対しての態度、仕事で細かい事まで考える事、文化の事などを今も大事にしております。それから、それだけでなく、私以外にうちの学校で教えているウクライナ人の5人の日本語の先生は皆浦和センターで研修したことがあります。今日本語の学習者の人数は71人です。
初めて会った日からもう15年経ちましたね、信じられません。日本での研修の事は、よく思い返します。思い返せば思い返すほど、日本での研修がいかに私の人生にとって大きくてかけがえのない経験だったかという事をより強く感じます。

このような機会を使わせていただき大変恐縮なのですが、日本語国際センターの先生方やスタッフの皆様に心から感謝を申し上げます。
特に日本で最初に教わった磯村先生には大変感謝いたしております。
ありがとうございました。

今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

参加した研修:1999年度海外日本語教師長期研修、2007年度海外日本語教師短期研修(夏期)

スヴェトラーナ先生の写真
授業風景の写真
東洋言語学校内部写真1
東洋言語学校内部写真2

タムコワ スヴェトラーナ【PDF:450KB】