第1回 ロンドン・デザイン・ビエンナーレ2016
日本公式参加決定 作家は鈴木康広

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2016年9月7日から27日にかけて英国・ロンドンにて開催される「第1回 ロンドン・デザイン・ビエンナーレ」の日本展示を主催いたします。

鈴木康広《大きな空気の人》の画像
《大きな空気の人》© Yasuhiro Suzuki 武蔵野美術大学での展示風景 2016年

概要

第1回 ロンドン・デザイン・ビエンナーレ2016

会期 2016年9月7日(水曜日)~9月27日(火曜日)
会場 サマセット・ハウス (Somerset House
公式ウェブサイト http://www.londondesignbiennale.com/

日本展示 概要

タイトル A Journey Around the Neighbourhood Globe
作家 鈴木 康広(すずき・やすひろ)
キュレトリアル・アドバイザー 川上 典李子(かわかみ・のりこ)
会期 2016年9月7日(水曜日)~9月27日(火曜日)
主催 独立行政法人 国際交流基金
アドバイザリー・コミッティー 柏木 博(かしわぎ・ひろし)デザイン評論家、武蔵野美術大学教授
川上 元美(かわかみ・もとみ)デザイナー、川上デザインルーム代表
藤本 幸三(ふじもと・こうぞう)アーティスティック・ダイレクター、株式会社ジェイアイエヌ顧問
川上 典李子(かわかみ・のりこ)21_21 DESIGN SIGHT アソシエイトディレクター、ジャーナリスト
協力 WOW inc.WOW inc.のロゴ
株式会社メディアタージ株式会社メディアタージのロゴ
東京大学先端科学技術研究センター人間支援工学分野・異才発掘プロジェクトROCKET

プレスリリース

作家略歴

鈴木康広(すずき・やすひろ)

1979年静岡県生まれ。2001年東京造形大学デザイン学科卒。日常のふとした発見をモチーフに記憶を呼び起こし共感を生み出す作品を制作。国内外の展覧会をはじめ、パブリック・スペースのコミッションワーク、大学の研究機関や企業とのコラボレーションにも積極的に取り組んでいる。2014年水戸芸術館にて個展を開催。2014毎日デザイン賞受賞。作品集に『近所の地球』(青幻舎)など。現在、東京大学先端科学技術研究センター中邑研究室客員研究員、武蔵野美術大学空間演出デザイン学科准教授。
【公式ウェブサイト】http://www.mabataki.com/

鈴木 康広氏の写真
撮影:中川正子

ロンドン・デザイン・ビエンナーレについて

ロンドン市内の中心を流れるテムズ河沿いに位置する、元王宮で歴史的建築物が特徴的なサマセット・ハウスを舞台に、「ロンドン・デザイン・ビエンナーレ」が、2016年9月に初開催されます。30を超える国や地域から、デザイナー、アーティストや建築家をはじめ、キュレーターから科学者、ライターまで、各国の美術館・文化機関と共にチームを結成し、国別展示を行います。第1回目は「Utopia by Design(デザインによるユートピア)」を総合テーマとし、既存の分野を超えた、多様なデザインの役割や可能性を探ります。

第1回 ロンドン・デザイン・ビエンナーレ2016のロゴ

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第2チーム
担当:成山、原田
電話:03-5369-6063
Eメールアドレス:london@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る