日本の版画 1950-1990 (海外巡回展)

表現媒体としての版画は、現代の美術作家に幅広く活用され、技法や表現形式も多岐にわたっています。本展覧会では、46名の作家の作品75点を通じて、1950年代から90年代までの日本の現代版画を展望しています。

当展示は巡回を終了しました。

日程

2007年度

2008年2月6日~29日
エクアドル/エクアドル国立文化会館 (キト)

2007年11月28日~12月21日
コスタリカ/カルデロン・グアルディア美術館 (サンホセ)

2007年9月12日~28日
パラグアイ/パラグアイ日本人造りセンター (アスンシオン)

2007年8月4日~19日
グアテマラ/ホテル・カサ・サント・ドミンゴ美術館(アンティグア)

2007年7月10日~29日
グアテマラ/近代美術館(グアテマラ・シティ)

2007年6月8日~25日
スペイン/アリカンテ大学(アリカンテ)

2007年5月10日~6月2日
スペイン/ホアキン・ロンカル文化センター(サラゴサ市)

前田常作 「瞑想への風景-阿(Q)-」の画像
前田常作 「瞑想への風景-阿(Q)-」

木村茂 「けやきと林」の画像
木村茂 「けやきと林」

尾忠則 「聖シャンバラ4水其天」の画像
横尾忠則 「聖シャンバラ4水其天」

棟方志功 「布施の湖の柵」の画像
棟方志功 「布施の湖の柵」
斉藤清「慈愛A」の画像
斉藤清「慈愛A」

森本洋充「無題」の画像
森本洋充「無題」

ページトップへ戻る