和楽器トリオ「結」 ブラジル7都市公演

和楽器トリオ「結」 の写真

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2015年6月4日~20日、和楽器トリオ「結」による、ブラジル7都市公演を実施します。

「結」は、2009年に結成、メンバーのはなわちえ氏(津軽三味線)、柿木原こう氏(箏)、辻本好美氏(尺八)はいずれも東京藝術大学音楽学部邦楽科を卒業。初ライブ以来、古典のみならず、他ジャンルの演奏家とも共演するなど、幅広い演奏スタイルは大きな注目を集めてきました。本事業は日ブラジル外交関係樹立120周年を記念して行われ、コンサートのほかブラジル各地での日本祭りに参加、現地の音楽家とも共演するなど、和服姿も美しい3人組がブラジルで音楽と交流の花を咲かせます。

開催日程

公演

日程 2015年6月4日(木曜日)
開催地 ロンドリーナ
会場 エキスポ・ジャパン会場(第54回ロンドリーナ文化体育協会農産展)
日程 2015年6月7日(日曜日)
開催地 ベレン
会場 汎アマゾニカブックフェアー会場 (アマゾニアコンベンションセンター屋内講堂)
日程 2015年6月10日(水曜日)
開催地 マナウス
会場 アマゾナス劇場
日程 2015年6月13日(土曜日)
開催地 サンパウロ
会場 サンパウロ市文化センター/アドニラン・バルボザ・ルーム
日程 2015年6月15日(月曜日)
開催地 ヴィトーリア
会場 カルロス・ゴメス劇場
日程 2015年6月18日(木曜日)
開催地 アプカラナ
会場 アプカラナ桜祭り会場(アプカラナ文化体育協会構内)
日程 2015年6月20日(土曜日)
開催地 ブラジリア
会場 ブラジリア日本祭り会場(シティパーク展示館内)
  • 主催:独立行政法人国際交流基金
  • 共催:在ブラジル大使館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在リオデジャネイロ総領事館、在べレン領事事務所
  • 協力:在サンパウロ総領事館

プロフィール

はなわちえ/津軽三味線

はなわちえ氏の写真

茨城県日立市生まれ。9歳の時に佐々木光儀氏師の元で津軽三味線を習い始める。17歳で津軽三味線全国大会A級女性部門優勝(当時最年少)。東京藝術大学音楽学部邦楽科在学中に日本コロムビアよりメジャーデビュー、都内のライブハウスを中心に演奏活動をスタート。沖増菜摘(ヴァイオリン)との和洋デュオ「hanamas」、津軽三味線、箏、尺八の和楽器トリオ「結」を結成。皇居内桃華楽堂での御前演奏、Sony MobileTVCMへの起用ほか、海外公演(アルゼンチン、ベルギー、ブルネイ、チリ、ドイツ、フランス、グルジア、香港、イタリア、マレーシア、米国他)も精力的に行う。2014年2月、セカンドアルバム『CoLoRful』をキングレコードからリリース。

柿木原こう(かきのきはら こう)/筝

木原こうの写真

東京都生まれ。5歳より生田流箏曲を、10歳より地歌三味線を始める。東京藝術大学音楽学部邦楽科生田流箏曲専攻を卒業し、同年、ミニアルバム『言葉にできない』(箏弾き歌い)でソロCDデビュー、その後『始まりノ音』をリリース。和楽器トリオ「結」を結成。2010年、TBS赤坂サカス春のテーマソングを担当、2011年、宮本亜門演出のミュージカル『太平洋序曲』(神奈川芸術劇場)では箏を指導。ライブ活動、レコーディングへの参加に加え、日本女子大学箏曲研究部指導助手を務めるなど幅広く活動中。2014年7月、藤木哲(サウンドプロデューサー)とのデュオ「月宵」としてジャパンエキスポ(パリ)に参加。

辻本好美(つじもと よしみ)/尺八

辻本好美氏の写真

和歌山県生まれ。16歳より尺八を始める。東京藝術大学音楽学部邦楽科在学中、「題名のない音楽会」に出演。2005年、米国、韓国、イタリアでの交流事業、日本祭りなどにて演奏、2012年には、「FIFA U-20女子ワールドカップJAPAN2012」で演奏を披露した。和楽器トリオ「結」としての活動のほか、2013年、はなわちえとのデュオ「風華~FUGA~」として国際交流基金主催南米ツアーに、2014年、小山豊(津軽三味線)、加藤拓哉(和太鼓)とのトリオとして国際交流基金主催中米ツアーに参加。伊藤江里菜(筝)とのデュオ「五ニ三~koibumi~」、砂川彩乃(ピアノ)とのデュオ「Asian Groove Nation」としても活躍中。

[お問い合わせ]

国際交流基金 (ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第1チーム
担当:倉田、加藤
電話:03-5369-6061 ファックス:03-5369-6038

ページトップへ戻る