「ウィンター・ガーデン:日本現代美術における マイクロポップ的想像力の展開」展 (海外巡回展)

「ウィンター・ガーデン:日本現代美術におけるマイクロポップ的想像力の展開」展は、日本のポップカルチャーへの世界的な関心の高まりを受け、美術評論家の松井みどり氏に企画を依頼し制作されました。絵画、ドローイング、映像約40点により構成され、60年代以降に生まれた若手アーティストによる「マイクロポップ(松井みどり氏の造語)」的表現が、現代の世界で生きることとどのように関係しているのかを探っていくものとなっています。

カタログ【PDF:371KB】

日程

2017年11月2日~12月9日
ベラルーシ/国立現代美術センター(ミンスク)

2017年8月17日~9月24日
ロシア/コムソモリスク市美術館(コムソモリスク・ナ・アムーレ)

2017年7月14日~8月6日
ロシア/極東美術館(ハバロフスク)

2017年6月24日~7月4日
ロシア/サハリン州立美術館(ユジノサハリンスク)

2017年5月23日~6月9日
ロシア/ウラジオストク国立経済サービス大学博物館兼展示コンプレックス(ウラジオストク)

2017年1月26日~2月19日
ペルー/ペルー北米文化協会(リマ)

八木良太 「VINYL」の画像
八木良太 「VINYL
2006年 シリコン、精製水、レコードプレイヤー、冷凍庫
©2006 Lyota Yagi
Courtesy: Mujin-to Production, Tokyo

工藤麻紀子 「よるにもとべる」の画像
工藤麻紀子 「よるにもとべる」
2007年、キャンバスに油彩、117.0×117.0cm
©Makiko Kudo
Courtesy: Tomio Koyama Gallery

千葉正也 「泣き頭」の画像
千葉正也 「泣き頭」
2008年、キャンバスに油彩、木、160×93.3×30.7cm
©Masaya Chiba
Courtesy: ShugoArts

半田真規 「興ざめパラダイス感覚サーフィンその1、その2」の画像
半田真規
「興ざめパラダイス感覚サーフィンその1、その2」
2007年、タイルに油彩、フェルトペン、
2枚組木製パネルにマウント、148.0×148.0cm 
Courtesy: Kodama Gallery

泉太郎 「キュロス洞」の画像
泉太郎 「キュロス洞」
2005年、DVD (8分37秒)
Courtesy: HIROMI YOSHII

カタログ販売

Winter Gardenカタログの表紙
*クリックすると拡大します

本カタログには松井氏による、全出展作家の特徴やプロフィールが記載されています。また、60年代末以降に生まれた彼らの活動には、断片を組み合わせて独自の世界観を表現し、時代遅れのものや凡庸なものに新たな用途や意味を与える「マイクロポップ」的表現が顕著に見られる、という松井氏の主張が多くの例を挙げて展開されており、日本の現代美術を読み解く上で有益な解説書ともなっています。
一見つつましく、子供の遊びにも似た表現のなかに、既成の「芸術」や文化のイメージから離れ、火や水との接触や連想や夢といった人間の身体や心のベーシックなはたらきに立ち戻ることで、現象世界における自らのありかたを認識する芸術の可能性を、私たちは見出すことができます。
このカタログには、現代におけるそのような芸術活動の例が多数の画像とともに掲載されており、普段私たちが目に留めることの無いものが、作家によって新たに意味を与えられている様子を見ることができます。
また、本カタログには、海外巡回に先立って行なわれた原美術館での展覧会風景も納められており、個々の作品ばかりでなく、実際に立体的に展示された作品の様子も垣間見ることができます。

海外巡回用のカタログですが、国内の方にもお気軽にお読みいただけるよう、和英併記のバイリンガル仕様となっています。

Winter Garden: The Exploration of the Micropop Imagination in Contemporary Japanese Art」展 カタログ
日本語・英語併記/84ページ
ISBN 978-4-568-10379-3
定価:952円(税抜)
2009年8月刊行

国際交流基金本部1階のショップでお買い求めになれます。

ページトップへ戻る