スリランカにおける文化を通じた平和構築事業「成果報告シンポジウム - Randooga in Sri Lanka -」 概要報告

国際交流基金は、2013年12月2日に一橋大学佐野書院にて、「スリランカにおける文化を通じた平和構築事業 成果報告シンポジウム- Randooga in Sri Lanka -」を開催しました。文化を用いた国際交流・社会貢献や平和構築に関心を持つ専門家、研究者、社会人、学生及びスリランカ人留学生等、約70人にご参加いただき、「文化の可能性を感じました(30代男性)」、「平和構築における新しい手法を知ることができた(60代女性)」といった感想を頂戴しました。

第一パネル 「Randooga in Sri Lanka: 成果報告」で用いられた講演者の発表資料(英語)の一部を共有いたします。

全体報告 :
ニローシャン・ペレーラ(社会活動家)【PDF:533KB】

ジャフナでの活動報告 :
ナーガリンガム・シャンムガリンガム(ジャフナ大学教授/社会学者)【PDF:3,196KB】

バティカロアでの活動報告 :
シヴァグナナム・ジェヤシャンカール(イースタン大学上級講師/文化学者)【PDF:2,009KB】

ゴールでの活動報告 :
ニローシャン・ペレーラ(社会活動家)【PDF:2,055KB】

2012年に開催したスリランカ北部ジャフナでのワークショップ・コンサートについて、今回のシンポジウムで発表するジャフナ大学教授シャンムガリンガム氏の写真
2012年に開催したスリランカ北部ジャフナでのワークショップ・コンサートについて、今回のシンポジウムで発表するジャフナ
大学教授シャンムガリンガム氏

シンポジウム後に、即興演奏を行うジャズピアニストの佐藤允彦氏とシタール奏者のプラディープ・ラトゥナヤケ氏-1の写真
シンポジウム後に、即興演奏を行うジャズピアニストの佐藤允彦氏とシタール奏者のプラディープ・ラトゥナヤケ氏

ページトップへ戻る