国際交流基金 日本研究フェローセミナー<研究報告>
「東京のプレイグラウンド:日常生活における遊び・娯楽の都市化」

今回のセミナーでは、イタリアの大学に研究助手として在籍する研究者が、「東京のプレイグラウンド:日常生活における遊び・娯楽の都市化」というテーマで、遊び・娯楽の都市化が、都市デザインや日常生活に与える影響について研究発表を行います。日本研究に携わる多くの皆様にとって興味深い内容だと思われますので、ご参加を心よりお待ちしております。

日時 2017年12月14日(木曜日)18時~19時
場所 国際交流基金 9階 第1セミナー室
住所:東京都新宿区四谷4-4-1 アクセス
使用言語 英語(通訳はありません)
定員 30名
お申し込み 入場無料
どなたでもご参加いただけます。ご参加を希望される方は、2017年12月13日(水曜日)までにお名前、所属先、連絡先(電話番号、ファックスまたはメールアドレス)を日本研究・知的交流部(担当:原田)までご連絡ください。Eメールによる連絡の際は、標題に【東京の遊び場】と明記していただきますようお願い致します。
プログラム
講演
テーマ:「東京のプレイグラウンド:日常生活における遊び・娯楽の都市化」
講演者
アリチェ・コヴァッタ(Alice Covatta)ウーディネ大学研究助手

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本研究・知的交流部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:原田
電話:03-5369-6071 ファックス:03-5369-6041
Eメール:JF_Fellowship@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る