平成17(2005)年度 受賞者プロフィール

平成17年度 国際交流基金賞・国際交流奨励賞

国際交流基金賞

宮崎 駿氏 アニメーション映画監督【日本】

経歴

1941年、東京生まれ。63年、学習院大学政治経済学部卒業後、東映動画(現・東映アニメーション)入社。Aプロダクション、日本アニメーション等を経て、85年にスタジオジブリの設立に参加。

その間、「太陽の王子ホルスの大冒険」(68年)、「パンダコパンダ」(72年)等の劇場アニメ、「アルプスの少女ハイジ」(74年)等のテレビアニメ制作に携わり、「未来少年コナン」(78年)の演出を手掛け、「ルパン三世 カリオストロの城」(79年)で劇場作品を初監督。雑誌「アニメージュ」に連載した自作漫画をもとに、84年には「風の谷のナウシカ」を発表、自ら原作・脚本・監督を担当し注目される。

その後はスタジオジブリで監督として「天空の城ラピュタ」(86年)、「となりのトトロ」(88年)、「魔女の宅急便」(89年)、「紅の豚」(92年)、「もののけ姫」(97年)、「千と千尋の神隠し」(2001年)、「ハウルの動く城」(04年)といった劇場作品を発表。2001年にオープンした「三鷹の森ジブリ美術館」の構成・演出も手がけている。

「千と千尋の神隠し」作品画像
「千と千尋の神隠し」
©2001 二馬力・GNDDTM

主な著作など

「トトロの住む家」、「シュナの旅」、「何が映画か」(黒澤明氏との対談集)、「もののけ姫」、「出発点」など多数。監督作品は海外でも広く上映されており、DVDVHS、著作および関連書籍は海外約50カ国で発売されている。

受賞歴

1998年

日本アカデミー賞最優秀作品賞(「もののけ姫」)、淀川長治賞

2001年

第49回菊池寛賞

2002年

第52回ベルリン国際映画祭金熊賞、第68回ニューヨーク映画批評家協会最優秀アニメ賞(以上「千と千尋の神隠し」)、朝日賞、フランス国家功労賞、パリ市勲章)

2003年

第75回アカデミー賞長編アニメ映画部門賞(「千と千尋の神隠し」)

2004年

第61回ベネチア国際映画祭オゼッラ賞(「ハウルの動く城」)

2005年

第62回ベネチア国際映画祭栄誉金獅子賞

国際交流奨励賞


文化芸術交流賞

フィリピン教育演劇協会 【フィリピン】

沿革

1967年、舞台演出家セシル・ギドテ・アルヴァレスにより設立。1971年、ユネスコITI(国際演劇協会)フィリピンセンターとなり、同年、第1回第三世界演劇祭を主催。

1972年の戒厳令による設立者亡命を乗り越え、1983年より新しい世代のアーティスト、指導者を迎えて、ピ-プルズカルチャー全国フェスティバルを主催。

フィリピン教育演劇協会活動の写真

1986年から87年には、14年間にわたる戒厳令時代に対する“ピープルズ・パワー”の勝利を祝う作品、「自由への誓い」ワールドツアーで評価を確立した。以来、社会参画型の演劇活動を国内外で積極的に展開している。

業績

[日本の団体等との主なコラボレーション]

1980

劇団黒テント作品のマニラ公演を制作

1983~85

アジア・シアター・フォーラムの事務局としてワークショップ主催

1986~87

「自由への誓い」日本公演(黒テントの招へい)

1989

「カピタン・ポポ」日本全国ツアー(ピープルズ・プラン21の招へい)

1997~

日本人演劇研修生の受け入れ(ほぼ毎年、2005年現在累計で6名)

1997~98

「喜劇ロミオとジュリエット」日比共同制作作品の日本全国ツアー

1999

「喜劇ロミオとジュリエット」マニラ公演

1999

国際児童青少年演劇協会日本センターの招へいで日本全国ツアー

2001~

在日フィリピン人による劇団設立に協力

2002

沖縄舞踊グループ”美”のマニラ公演制作

2002

日本演出家協会の招へいでワークショップを全国各地で実施

2004

「アンデルセンはフィリピン人」福岡公演(福岡市文化芸術財団の招へい)ほか

受賞歴

1972

CAT賞 最優秀ドラマ・アンソロジー 1968-1972

1980

フィリピン大統領賞

1984

プラハ演劇祭 児童演劇最優秀デザイン賞

1988

アセアン賞 最優秀パフォーミングアーツグループ

1989

マニラ市 文化芸術賞

1990

フィリピン文化センター賞 テレビ部門

1991

フィリピン文化センター賞 演劇部門

1993

スター賞 最優秀ドラマ・アンソロジー

1996

バハガリ(虹)賞 最優秀テレビドラマ

1996

スター賞 最優秀テレビドラマ

2001

国家文化芸術委員会賞 優秀演劇

ほか

日本語教育賞

中国日語教学研究会 【中国】

沿革

1982年設立。中国全国の日本語教育界を組織化し、学術交流事業(教師同士の交流、日本語教育法、日本語、文学、文化、社会などの学術研究など)を行なう。

団体会員として日本語専攻コースを持つ大学126校が参加、教員数は1500人を超える。成立後20年来、毎年各地で学術シンポジウムを企画するほか、隔年で日本語教育の全国レベル、または国際的なシンポジウムを開催し、学術論文集を出版している。

このような活動を通じ、中国における日本語教育の実態を把握し、日本語教育の問題点の発見および情報の交換を通じて、中国の日本語教育界における指導的役割を果たしてきた。さらに日本、韓国、シンガポールなどアジア各国、地域の日本語教育機構と広範な学術交流ネットワークを展開している。

中国日語教学研究会活動の写真1
中国日語教学研究会活動の写真2

活動内容

2000年

大平学校(日本語研修センター)設立20周年記念シンポジウムの主催

2002年

中日国交正常化30周年記念東アジア日本語教育シンポジウムの主催

2004年

日本語言文化教学研究国際学術シンポジウムの主催

その他 学術論文集の出版多数

また、過去3回にわたり、ジャパンファウンデーションが実施する日本語教育機関調査への協力など。

日本研究賞

タバッスム・カシミーリー氏

前大阪外国語大学ウルドゥー語外国人教師 【パキスタン】

業績

パキスタン・パンジャーブ大学より文学修士号取得(1964年)、同大学文学博士号取得(1973年)。大阪外国語大学にて24年間、ウルドゥー語・ウルドゥー語文学の教鞭を執る。日本を拠点にウルドゥー文学批評活動を続け、750ページにおよぶ「ウルドゥー文学史,初期から1875年まで」を発表。

また、良寛、萩原朔太郎、白石かずこ、宮沢賢治、与謝野晶子などの日本人詩人の作品を翻訳し、ウルドゥー語文化圏に広く紹介してきた。

タバッスム・カシミーリー氏活動の写真

主な著作

「日本におけるウルドゥー語」(1985)

Fragmented Verses, Selected Poems by Tabassum Kashmiri 創作詩集の英訳版、(1991、BookTraders

「鳥,花,池」(ウルドゥー創作詩全集)(1996)

「ウルドゥー語 会話編」(共著)(1999)

「ウルドゥー文学史,初期から1857年まで」(2002)

ほかウルドゥー文学、日本文学、詩に関するもの等、多数。

主な論文

「日本の現代詩:紹介と翻訳」(1985)

「良寛:日本の禅詩人」(1985)

「大江健三郎―ある日本人長編小説家」(1996)

ページトップへ戻る