海外日本語教師の養成・研修

海外日本語教師 長期研修

海外の日本語教育機関の教師養成のため、日本語教授経験の短い外国人若手日本語教師を対象に、日本語運用力の向上、基礎的な日本語教授法の習得及び日本理解の深化を目的として研修を行います。


研修期間

約6か月間 平成29(2017)年度:2017年9月5日~2018年3月2日(予定)


対象者

6か月以上5年未満の日本語教授経験をもつ36歳未満の日本語教師
(その他の条件は、申請要領を参照してください)


研修内容

来日後のプレースメントテストの結果により、次の二つのコースに分けて授業を行います。

1.授業

<Aコース>
このコースは、日本語によるコミュニケーション能力の向上を重視します。教授法の授業では、基礎的な知識を学び、教授活動の幅を広げることを目指します。
<Bコース>
このコースは、教師としての専門能力の向上を重視します。日本語の授業では、コミュニケーション能力の向上を目指し、言語活動を支える言語能力や異文化理解能力の育成にも配慮します。教授法の授業では、基礎的な知識を整理し、自律的に授業改善が行えるようになることを目指します。
(週当たりの授業時間数例)
  科目 Aコース Bコース
9月~11月 日本語 17 14
日本語教授法 3 6
12月~2月 日本語 14 14
日本語教授法 6 6

*上記の他に、特別授業や個別指導などがあります。

2. 日本文化体験プログラム(例)

地方研修、ホームステイ、地域との交流(小学校訪問等)、茶道・書道等のデモンストレーション、演劇鑑賞等


研修の流れ

研修の目標と流れ【PDF:470KB】PDF


時間割例

横スクロールできます

Aコース 1学期
時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前
9時30分~
12時20分
映像視聴 総合日本語 教授法 読解・作文 総合日本語
午後
13時45分~
15時35分
漢字クイズ 文法 特別授業/
文化体験
プログラム
選択科目
<語彙>
<発音>
特別授業/
文化体験
プログラム

横スクロールできます

Bコース 1学期
時間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前
9時30分~
12時20分
読解 教授法 口頭表現 文法演習 教授法
午後
13時45分~
15時35分
選択科目
<映像視聴>
<漢字学習法>
<スピーチと音声>
HR/個別指導 特別授業/
文化体験プログラム
作文 特別授業/
文化体験
プログラム

参加者の声


お問い合わせ

国際交流基金日本語国際センター
教師研修チーム
電話 : 048-834-1181 ファックス : 048-834-1170
Eメール : urawakenshu@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)