平成13年度 国際交流基金賞/奨励賞 プロフィール ウィリアム・ジェラルド・ビーズリー氏

受賞者の
プロフィールTOP

国際交流基金賞

ウィリアム・ジェラルド・ビーズリー氏
平山 郁夫氏

国際交流奨励賞

コスタ・バラバノフ氏
三浦 尚之氏
ベルリン・フェスティバル公社

国際交流基金賞

ウィリアム・G・ビーズリー氏写真

  • ウィリアム・ジェラルド・ビーズリー
    ロンドン大学極東歴史学名誉教授

    東アジア史・19世紀日本史研究の第一人者として、半世紀以上の長きにわたり、英国における日本研究の基礎を固めるとともに、その発展と後進の育成に多大なる貢献を行なってきた。氏が1963年に著した「The Modern History of Japan」は近代日本史の基本テキストとして世界各国で版を重ねている。35年間にわたりロンドン大学で教鞭を取ってきたビーズリー氏は、明治維新と明治政府の遣欧・遣米使節に関する研究により、海外における日本研究の発展に多大なる貢献を行なってきた。19世紀の日本の歴史に関する旺盛な著作活動は、退官後ますます多彩な展開を見せ、今日なお数多くの書物が著わされている。

経歴

1945 初来日
1950 博士号取得(ロンドン大学、歴史学)
1954~83 ロンドン大学教授、83年から名誉教授
1964~68 日英文化混合委員会 英国側委員長
1967 ブリティッシュ・アカデミー会員(1973~74,副会長)
1969 ラーリー(Raleigh)記念講演(ブリティッシュ・アカデミー)
1984 日本学士院名誉会員、クライトン(Creighton)記念講演(ロンドン大学)

受賞歴

1978 香港大学名誉文学博士号
1980 最優秀英帝国勲章コマンダー章
1983 日本国勲三等旭日中綬章
1996 ジャパン・フェスティバル賞(英国における日本文化理解促進に対して)

著作等

Great Britain and the Opening of Japan 1834-1858 (Luzac, 1951、改訂版:Japan Library,1995)

Select Documents on Japanese Foreign Policy 1853-1868 (Oxford University Press, 1955)

The Modern History of Japan (Weidenfeld & Nicolson, 1963、改訂版The Rise of Modern Japan (同、1990)。独・伊・西・中・韓・ギリシャ語(近刊)版あり)

The Meiji Restoration (Stanford University Press, 1972、米国歴史学会フェアバンク賞受賞)

Japanese Imperialism 1894-1945 (Clarendon, 1987、邦訳「日本帝国主義 1894~1945年-居留地制度と東アジア-」(杉山伸也訳、岩波書店、1990)

Japan Encounters the Barbarian: Japanese Travellers in America and Europe (Yale University Press, 1995)

The Japanese Experience: A Short History of Japan (Weidenfeld & Nicolson, 1999、University of California Press, 1999)


ページトップへ戻る