米国若手日本語教員(J-LEAP)派遣事業

米国若手日本語教員(J-LEAP)とは?

米国若手日本語教員(J-LEAP)は、2010年の日米首脳会談で合意された日米同盟深化の柱の1つである 日米間の文化・人材交流と、金融危機以来予算削減の危機に面している米国日本語教育への支援を強化するため、海外の教育現場で研鑽を積む意欲のある若手日本語教員を米国の日本語教育機関等に派遣する事業です。派遣者は受入機関の日本語教師(リードティーチャー)とチームティーチングを行い、授業、教材・カリキュラム作成、宿題・テスト評価等の補助活動を行うほか、受入機関や地域における日本文化・社会理解促進に関する活動を行います。

J-LEAP活動写真その1

活動内容例

  • リードティーチャーとのチームティーチング
  • 日本語授業の補佐・事務的補助
  • 授業準備やテスト採点
  • 日本社会や文化に関するプレゼンテーションや授業を行う
  • 地域社会における日本イベントの企画・運営
  • 日本語教育促進活動のための他校訪問 等

※活動内容は受入機関により異なります。

J-LEAP活動写真その2

求められる経験・スキル等

  • コミュニケーション能力、柔軟性、積極性に富むこと
  • 受入機関の日本語教育の活性化及び己の日本語教授能力の向上に意欲的であること
  • 他者と協力的に業務遂行ができること
  • 受入機関のスケジュール、イベント開催等による休日における活動要請に柔軟に対応できること
  • 日米文化交流に興味があり、対日理解促進に貢献できること 等

J-LEAP活動写真

※応募資格は11月下旬に掲載予定の募集要項ページをご確認ください。

J-LEAP年間スケジュール

年間スケジュール(選考過程、1年目、2年目)図表

活動報告書

関連リンク

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
日本語事業部
事業第2チーム 米国若手日本語教員(J-LEAP)担当
電話:03-5369-6068

ページトップへ戻る