JIS X 8341-3:2016附属書JBに基づく試験結果表示
平成30(2018)年12月

表明日

平成30(2018)年12月20日

規格の規格番号及び改正年

JIS X 8341-3:2016

満たしている適合レベル

A 一部準拠

対象となるウェブページに関する簡潔な説明

国際交流基金Webサイト(https://www.jpf.go.jp/)ドメイン以下のウェブページ。

依存したウェブコンテンツ技術のリスト

  • XHTML1.0
  • CSS2.1
  • JavaScript

試験対象のウェブページを選択した方法

JIS X 8341-3:2016「附属書JB(参考)試験方法 d)ウェブページ一式を代表するウェブページとランダムに選択したウェブページとを併せて選択する場合」に基づき、「ウェブページ一式を代表するウェブページ(20ページ)」及び「ランダムに選択したページ(20ページ)」の計40ページを選択した。

試験を行ったページのURL

ウェブページ一式を代表するウェブページ

  • http://www.jpf.go.jp/j/
  • http://www.jpf.go.jp/j/policy/web_accessibility.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/access/head.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/policy/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/area/japonismes/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/support/donation/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/event/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/archive/information/1201/01-03.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/lib/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/world/americas.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/education/training/epa/about.html
  • http://www.jpf.go.jp/e/project/culture/exhibit/international/venezia-biennale/art/57/profile.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/dispatch/voice/voice/index_2018.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teacher/teacher_top.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/urawa/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/jf_nakama/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/citizen/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/cgp/
  • http://www.jpf.go.jp/cgp/exchange/intellectual/news180817.html

ランダムサンプリングによるウェブページ

  • http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/dispatch/voice/voice/minami_asia/india/2009/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/survey/area/country/2014/nigeria.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/press/2015/056.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/bid/result/2016/re_170321_1.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/international/venezia-biennale/art/51/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/archive/information/2011.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/jfic/topics/2008/fr-0708-0003.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/exhibit/international/venezia-biennale/arc/11/03-7.html
  • http://www.jpf.go.jp/e/project/culture/archive/information/1307/07-03.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/about/result/ar/2014/07.html
  • http://www.jpf.go.jp/e/project/intel/archive/youth/kakehashi/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/intel/archive/jf_report/17.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/information/2008/0902.html
  • https://www.jpf.go.jp/j/program/instruction.html
  • http://www.jpf.go.jp/e/world/kyoto/2015/08-01.html
  • http://www.jpf.go.jp/e/about/jfic/lib/collection/index.html
  • http://www.jpf.go.jp/e/about/award/archive/2006/profile.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/information/2013/1403.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/culture/media/oversea/2014/1409.html
  • http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/dispatch/voice/voice/minami_asia/india/2015/index.html

達成基準チェックリスト

  • 適用欄 「○」達成基準を適用する、「-」達成基準は適用されない
  • 結果欄 「○」達成基準を満たしている、「×」達成基準を満たしていない
細分箇条 達成基準 適合レベル 適用 結果 注記
1.1.1 非テキストコンテンツ A ×  
1.2.1 音声だけ及び映像だけ(収録済み) A 対象なし
1.2.2 キャプション(収録済み) A 対象なし
1.2.3 音声解説又はメディアに対する代替コンテンツ(収録済み) A 対象なし
1.2.4 キャプション(ライブ) AA 対象なし
1.2.5 音声解説(収録済み) AA 対象なし
1.3.1 情報及び関係性 A ×  
1.3.2 意味のある順序 A  
1.3.3 感覚的な特徴 A  
1.4.1 色の使用 A × SNS部分のみが該当
1.4.2 音声の制御 A 対象なし
1.4.3 コントラスト(最低限レベル) AA ×  
1.4.4 テキストのサイズ変更 AA  
1.4.5 文字画像 AA  
2.1.1 キーボード A  
2.1.2 キーボードトラップなし A  
2.2.1 タイミング調整可能 A 対象なし
2.2.2 一時停止,停止及び非表示 A  
2.3.1 3 回のせん(閃)光,又はしきい(閾)値以下 A 対象なし
2.4.1 ブロックスキップ A  
2.4.2 ページタイトル A  
2.4.3 フォーカス順序 A  
2.4.4 リンクの目的(コンテキスト内) A ×  
2.4.5 複数の手段 AA  
2.4.6 見出し及びラベル AA  
2.4.7 フォーカスの可視化 AA ×  
3.1.1 ページの言語 A  
3.1.2 一部分の言語 AA  
3.2.1 フォーカス時 A  
3.2.2 入力時 A  
3.2.3 一貫したナビゲーション AA  
3.2.4 一貫した識別性 AA  
3.3.1 エラーの特定 A 対象なし
3.3.2 ラベル又は説明 A  
3.3.3 エラー修正の提案 AA 対象なし
3.3.4 エラー回避(法的,金融及びデータ) AA 対象なし
4.1.1 構文解析 A ×  
4.1.2 名前(name),役割(role)及び値(value A  

試験実施期間

平成30(2018)年8月6日から10月11日まで

「A 一部準拠」について

JIS X 8341-3:2016の適合レベルAの達成基準の一部について満たせない場合に「レベルA 一部準拠」と言います。この表記方法は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン」で定められています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
コミュニケーションセンター
電話:03-5369-6075

ページトップへ戻る