日本語国際センターについて

2007年度上半期 調査研究プロジェクト
非母語話者日本語教師の研究活動に必要なアカデミック・スキルについて
−アカデミック・スキル養成を目指したカリキュラムデザインと教材の作成−(報告書)

2007年度上半期 調査研究プロジェクト
非母語話者日本語教師の研究活動に必要なアカデミック・スキルについて
−アカデミック・スキル養成を目指したカリキュラムデザインと教材の作成− 概要
計画者 篠崎 摂子
プロジェクト参加者 長坂 水晶、木山 登茂子
外部協力者 なし
日程

2007年4月~終了 2008年3月

スケジュール
2007年4月~7月:
資料収集・調査と現状分析
2007年8月~9月:
カリキュラム・デザインと教材作成
2007年10月~2008年1月:
試行
2008年1月~3月:
検証

目的と概要

1) 目的:
非母語話者日本語教師が、日本語教育学の分野で研究活動を行なう上で必要とするアカデミック・スキルは何かを探り、それをどのように養成していくべきかを考える。具体的には、当センターで実施している修士コース(国立国語研究所ならびに政策研究大学院大学との連携による「日本語教育指導者養成プログラム」)や、教師研修への参加者が日本語教育学の分野での研究を目指す上で必要な基礎力を養成するためのカリキュラムや教材を考えるものである。
2) 概要:
本プロジェクトでは、これまで(2001年コース開始以来)の修士コースでの実践を整理して、現状を分析すると同時に、関連分野の調査を行なう。その結果をもとにアカデミック・スキルを養成するためのカリキュラム・デザインと、その実践に役立つ教材の作成を行なう。これらを2007年度修士コースで試行し、その効果や問題点について検証する。

課題1:カリキュラム・デザイン

課題2:教材作成


成果の概要

課題1:カリキュラム・デザイン

課題2:教材作成と授業実践

2007年度修士コースの「日本語表現法演習」で、プロジェクトで作成した教材を使用し、授業にディスカッションを導入した。具体的な成果と今後の課題は以下の通り。

(1) 教材について~ガイダンスの効果~
  1. 1)学生は、事前に何に着目して読むべきかを知って論文に目を通し、疑問点を明らかにして授業にのぞめる。
  2. 2)論文読解のための教材の例として教材開発の可能性を示した。
(2) 教室活動について~ディスカッションの効果と教師の介入の重要性~
  1. 1)運用力による内容読み取りの差を埋める機能がある。
  2. 2)ディスカッションによる自己の読みの質や妥当性の確認ができる。
  3. 3)自身の読みの力の客観視ができる。
  4. 4)気づかなかった新たな視点を得ることができる。
(3) 学生の自己評価(2回)~批判的読みについて~
  1. 1)初回の自己評価は、講師が提出物や授業中の発言から予想したものより高い。
    学生はコース初期に、自分では「内容を理解できている、必要な情報をとっている」と考えている可能性が高い。
  2. 2)自己評価が下がった学生がいた。自身の読みを客観的に考えるようになったためか。

♦ 今後の課題

例)・設問への解答や論文のレビューに対するフィードバックを丁寧に行なう。
・ピアで書く活動を取り入れる。

  • JF日本語教育スタンダードのサイトへ 外部サイトにリンクします
  • みんなのCan-doサイトへ 外部サイトにリンクします
  • みんなの教材サイトへ 外部サイトにリンクします
  • まるごと 日本のことばと文化のサイトへ 外部サイトにリンクします
  • いろどりにリンクします。 外部サイトにリンクします
  • エリンが挑戦!にほんごできます。のサイトへ 外部サイトにリンクします
  • 日本語教育通信のページへ
  • 日本語教育紀要のページへ
  • リポジトリのページへ 外部サイトにリンクします