海外日本語教師の養成・研修

公募研修プログラム

日本語国際センターでは、2種類の公募研修プログラム(訪日研修、オンライン研修)を実施します。
2021年7月から2022年1月に開始する以下の3つの訪日研修プログラムと、2021年度より新たに導入するオンライン研修プログラムの参加者を募集しています。
申し込みの締め切りは、2020年12月1日です(原則として、各年度1回募集します)。
申し込み方法は、『令和3(2021)年度公募プログラムガイドライン【PDF:3.05MB】』のp.20「3 海外日本語教師研修」をご覧ください。
研修の様子は、日本語国際センターFacebook別サイトへ移動します でも見ることができます。
※「テーマ別研修」は、2021年度は中止します。

2020年度 公募研修プログラム

横スクロールできます

海外日本語教師訪日研修
プログラム名 期間 内容
海外日本語教師 基礎研修 約6か月 若手日本語教師を対象に、日本語運用力の向上を目指すとともに、基礎的な日本語教授法を習得し、また日本の社会や文化を学ぶ目的で行われる研修です。
海外日本語教師 日本語研修 約6週間 日本語運用力の一層の向上を必要とする日本語教師を対象に、日本語と、日本の社会や文化を学ぶ目的で行われる研修です。
海外日本語教師 教授法総合研修 約6週間 日本語教授能力の向上と異文化理解能力の養成を目的として、行われる研修です。
海外日本語教師 テーマ別研修 約5週間 日本語教育の教授法に関する特定のテーマについての研修です。毎年テーマが異なります。(2020年度は「文法指導法」「ビジネス日本語」、「コースデザイン」です。)
海外日本語教師オンライン研修
プログラム名 期間 内容
海外日本語教師 オンライン研修 約6週間 日本語教育の教授法に関するテーマについて、理論および指導のための基礎知識を学ぶオンライン研修です。毎年テーマが異なります。2021年度は、「JF日本語教育スタンダード」「日本語教育と文化」「読解の教え方」「文法指導法再考」「ビジネス日本語の教え方―ニーズを調べる」の5つです。)
  • JF日本語教育スタンダードのサイトへ 外部サイトにリンクします
  • みんなのCan-doサイトへ 外部サイトにリンクします
  • みんなの教材サイトへ 外部サイトにリンクします
  • まるごと 日本のことばと文化のサイトへ 外部サイトにリンクします
  • いろどりにリンクします。 外部サイトにリンクします
  • エリンが挑戦!にほんごできます。のサイトへ 外部サイトにリンクします
  • 日本語教育通信のページへ
  • 日本語教育紀要のページへ
  • リポジトリのページへ 外部サイトにリンクします