日本語国際センターについて

篠崎 摂子(しのざき せつこ)SHINOZAKI Setsuko

学歴

1989年
お茶の水女子大学大学院修士課程人文科学研究科修了(人文学修士・中国文学)
1994年
同大学大学院博士課程(後期)人間文化研究科(比較文化学)単位取得退学
1990~1992年
北京大学中国語言文学系留学

おもな教授歴

1992年~現在
国際交流基金日本語国際センター専任講師
1995、1996年
北京日本学研究センター日本語研修コース出講(国際交流基金派遣)
1999~2002年
国際交流基金北京事務所日本語教育アドバイザー(国際交流基金派遣)
2003~2005年
北京日本学研究センター在職日本語修士課程(国際交流基金派遣)
2005~2009年
政策研究大学院大学連携教授
2009~2012年
国際交流基金日本語試験センター副主任研究員
2013~2015年
国際交流基金パリ日本文化会館日本語教育アドバイザー(国際交流基金派遣)

主な担当研修

1996、1997年度
海外日本語教師長期研修
1994、1995、1998、2002年度、2017年度
中国大学日本語教師研修
2002、2012、2017年度
中国中等教育日本語教師研修
2005~2008年度
日本語教育指導者養成プログラム(修士課程)
2013~2015年度
欧州日本語教師研修会(アルザス研修会)

執筆論文、著書、発表など

著書

主な論文・報告

主な口頭発表

関心分野


ひとこと

2018年4月から国際交流基金マドリード日本文化センターに派遣されることになりました。2013年から2015年までパリ日本文化会館に続いて、2回目のヨーロッパになります。この間はJF日本語教育スタンダードに基づくB2教材の開発を担当していたので、それとの関連が深い「ヨーロッパ共通参照枠(CEFR)」の現状をもう少し体感してきたいと思います。そしてこの間には久しぶりに中国の先生方とのお付き合いもありました。ダイナミックに変化している中国の日本語教育への期待も膨らんでいます。