FAQ(よくあるお問い合わせ)

一団体が複数のプロジェクトを申請する場合

Q:
一つの団体が、同一年度に複数の事業を企画し、それぞれについて国際交流基金の公募プログラムに申請した場合、複数の事業が採用となることはあるでしょうか。
A:
各々の事業の内容により審査し、複数の事業が採用となる場合もあります。

団体対象プログラムの申請資格

Q:
団体を対象としたプログラムへの申請を考えていますが、法人格を持たない任意団体でも申請は可能ですか。
A:
可能です。ただし、組織基盤を示す定款・規約・会則等の資料や団体の事業内容・事業実績及び財政状況を記した書類を提出していただく必要があります。また、国際交流基金から送金を受けることができる申請団体名義の銀行口座を有している(もしくは助成金受諾までに開設する)必要があります。
Q:
株式会社のように営利を目的とする団体でも申請することは可能でしょうか。
A:
以下に挙げるプログラムのみ可能です。
  1. (1)海外派遣助成パフォーミング・アーツ・ジャパン(欧州)及びアジア・文化創造協働助成:事業の目的が営利を目的とするものでない場合
  2. (2)翻訳出版助成:商業ベースに乗りにくい日本関連図書の翻訳・出版を行う場合

他の団体から助成や寄付を受ける場合

Q:
国際交流基金の助成プログラムに申請するとともに、他の団体や企業からも、助成や寄付を受けてもよいでしょうか。
A:
事業実施に必要な資金を安定的に得ていただくため、他の団体や企業からの資金調達もお勧めしています。ただし、他の助成団体や企業からの助成や寄付を受けることには一定の条件があります。
  1. (1)国際交流基金の助成金と、他の団体等からの助成金等が、同一の経費に重複して使用されることは認められません。
  2. (2)海外派遣助成プログラムでは、文化庁、他の独立行政法人から助成を受けている同一の事業に対し、国際交流基金は助成しません。企業からの協賛金等や民間の支援団体・地方公共団体等からの支援金・補助金等の交付を受ける事業は助成対象です。
  3. (3)韓国が関連する交流事業助成については、同一事業に対し、公益財団法人日韓文化交流基金の「人物交流助成」プログラムと、国際交流基金のプログラムから、重複して助成を受けることはできません。
Q:
日本研究フェローシッププログラムに申請しようと考えています。他の団体のフェローシップや奨学金、研究助成金等を同時に受給することはできますか。
A:
できません。日本研究フェローシップを受給する場合には、他の団体のフェローシップや奨学金、研究助成金等を同時に受給できません。

継続受給の可能性

Q:
過去に助成 / 支援を受けました。再度申請することは可能ですか?
A:
  1. (1)申請は可能です。ただし、日本研究フェローシップ日本語研修プログラムの場合は、前回の採用後一定年数は申請できないという制限があります。
  2. (2)過去3年間(平成26(2014)年度~平成28(2016)年度)にわたって連続して同じプログラムで支援を受けた個人・団体については、4年目(平成29(2017)年度)は採用しないことを原則としています。

1プロジェクト1プログラムの原則

Q:
同一の事業について、国際交流基金の複数の助成プログラムに申請することは可能でしょうか。また、その場合、両方で採用される可能性はあるのでしょうか。
A:
できません。どのプログラムに申請したら良いかがわからない場合、申請書作成に取りかかる前に、コミュニケーションセンターにお問い合わせ下さい。最も適切なプログラムをご案内いたします。

その他

海外日本語教育機関支援(助成)プログラム FAQ(よくあるお問い合わせ)

ページトップへ戻る