日本語国際センターについて

有馬 淳一(ありま じゅんいち)ARIMA Junichi

学歴

  1. 筑波大学第二学群日本語・日本文化学類 卒業
  2. 筑波大学大学院地域研究研究科日本語研究コース 修了

おもな教授歴

1990年~1992年
米国ワシントン州シアトル学校区、モンロー学校区(国際交流基金米国派遣青年日本語教師)
1996年~1999年
フィリピン日本語文化学院(国際交流基金派遣日本語教育専門家)
1999年~2002年
国際交流基金日本語国際センター専任講師
2002年~2005年
国際交流基金北京日本文化センター(国際交流基金派遣日本語教育専門家)
2005年~2007年
国際交流基金日本語国際センター専任講師
2007年~2009年
国際交流基金日本語試験センター研究員
2009年~2013年
国際交流基金ベトナム日本文化交流センター(国際交流基金派遣日本語上級専門家)
2013年~現在
国際交流基金日本語国際センター専任講師

担当科目

これまで短期研修(春期)、短期研修(冬期)、長期研修、JET研修、インドネシア中等教師研修、中国中等教師研修などを担当してきました。


執筆論文、著書、発表など

主な論文・報告

主な口頭発表

ポスター発表

関心分野


ひとこと

久しぶりに日本語国際センターに戻って働いています。慣れない外国生活とちがって、何もかもよくわかっているはずの日本での生活ですが、そうとばかりとも言えません。

日本の(安めの)カフェでは、食べたり飲んだりした後、自分で片づけてから店を出る必要がありますが、店を出ようとして、飲み終わった容器をテーブルにそのままにしてきたことに気づいて、それを自分がまったく無意識にしたことを非常に恥ずかしかったことがありました。それも一度きりでなく。

もしも日本人のまん真ん中の値があるとすると、私はそこからかなりずれてきている気もするんですが、実はそれほど嫌な気はしません。世界のいろいろな文化や、世界のいろいろな人の考え方や行動の仕方も知って取り入れて、自分自身が豊かになる。日本語教育もそんな形にできるといいなと思っています。