日本語国際センターについて

古川 嘉子(ふるかわ よしこ)FURUKAWA Yoshiko

学歴

マコーリー大学 Macquarie University 応用言語学修士


おもな教授歴

1986~大学
日本語学校で非常勤講師として勤務
1990~現在
専任講師(開所当初、日本語教育専門員)として勤務
1996~1998年
オーストラリア シドニー日本語センター(当時) 主任講師
2004~2007年
インドネシア ジャカルタ日本文化センター 主任講師

日本語国際センターでの担当

1990年に日本語国際センター専門員(当時の名称)として着任しました。これまで短期研修・長期研修、大学院プログラムなど様々な研修の担当をしました。制作事業課(現教材開発チーム)に在籍した際には教材開発やJF日本語教育スタンダード開発にも携わりました。2013年4月から2017年6月まで専任講師主任を担当しました。

海外勤務

シドニー、ジャカルタの両日本文化センターで主任講師を務めました。主な仕事は現地の中等教育に対する支援事業(教師研修、教材開発など)でした。

教材開発

日本語国際センターでの教材開発としては、いずれも共同で『海外中等教育向け初級日本語教育素材集 教科書を作ろう(改訂版)』の作成、「みんなの教材サイト」の開発(https://minnanokyozai.jp/別サイトへ移動します)、『国際交流基金日本語教授法シリーズ 13巻 教え方を改善する』の執筆、JF日本語教育スタンダード開発などに携わりました。
インドネシアでは、同国の2004年カリキュラムに準拠した高校の教材作成プロジェクトに参加し、インドネシア人の先生たち、現地の教育省と、日本から派遣されたジュニア専門家などとの協働作業を経験しました。2007年に完成した『にほんご1,2』は、インドネシアの高校で広く使われました。

日本語教育の実践と研究

2015年に調査報告書「21世紀の人材育成をめざす東南アジア5か国の中等教育における日本語教育-各国教育文書から見える教育のパラダイムシフト-」
http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/research/five_southeast_asia/index.html を共同執筆し、2016年1月に同タイトルの第21回海外日本語教育研究会でシンポジウムを開催しました。(報告:http://www.jpf.go.jp/j/urawa/about/world/wld_repo_160130.html
また、日本語教育のコースデザイン論について『国際交流基金日本語国際センター紀要第14号』に、「日本語教育におけるコースデザイン論の展開とその課題」という研究ノートにまとめました。
http://www.jpf.go.jp/j/project/japanese/teach/research/report/14/pdf/01.pdf【PDF:530KB】


執筆論文、著書、発表など

主な論文

その他出版物

主な口頭発表


ひとこと

浦和のセンターでは、本当に多くの、様々な日本語教師に出会います。センターも開所してから30年近くたっていますが、最近は、国・地域、教える場、学習者の特徴は違っても共通する「日本語教師性」のようなものを感じます。大事にしていることや、目指すことが似ているのです。その間の教育の世界のグローバルな変化があったからかもしれません。これからも、日本語教師のみなさんの「声」に耳を傾けていきたいと思います。

海外の現場やJF日本語教育スタンダードの開発を経験して、特にカリキュラムの開発、運営、評価を見ていく「プログラム論」が重要だと考えるようになりました。今後も、ツールの開発も含めて、調査や研究を続けていきたいと思っています。