日本語国際センターについて

雄谷 進(おおや すすむ)OYA Susumu

学歴

1980年
慶應義塾大学文学部教育学科卒業
1985年
早稲田大学大学院商学研究科修了(国際マーケテイング・海外広報)
2006年
愛知淑徳大学大学院現代社会研究科博士後期課程単位取得修了(現代社会専攻)

おもな教授歴

2006~2008年
ベトナム日本人材協力センター(VJCC ハノイ)日本語教育専門家
2008~2011年
国際交流基金日本語国際センター専任講師
2011~2013年
国際交流基金マニラ日本文化センター日本語教育専門家
2013年現在
国際交流基金日本語国際センター専任講師

担当研修

「教授法、総合日本語、日本事情、インターネット利用の日本語」などを中心に研修をおこなう。世界各地から日本語国際センターへ来る先生方と帰国後も継続的に交流を行えるように、海外の先生方と過ごす時間を大切にしている。


所属学会など

日本比較文化学会、日本放送芸術学会、留学生教育学会、日本国際教育学会、日本生涯教育学会


執筆論文、著書、発表など

口頭発表

海外・日本語教育セミナー

会議主催

自主研修

海外の大学で行える日本現代事情のケース・スタディ研究と放送大学の視聴の二つをメインに自主研修を継続している。語学についてはテレビ・ラジオ・インターネットを利用してスペイン語、英語を学んでいる。

担当授業・力を入れている点等

担当授業等について

(1) 授業:一つ一つ丁寧に行う

(2) より深みのある授業を目指すべく、さらなる研鑚を積む

(3)メディア・リテラシィーの向上


ひとこと

雄谷進氏の写真 趣味:新聞、放送大学視聴、いろいろな街の散策 目標:世界の各地に 一人でも多くの日本ファンを 座右の銘:七転び八起き 日本語教育の情熱を今後も海外に:
2006年から2008年にかけて赴任したベトナムは、大学院時代(30年前)に海外での日本語教育へと導いてくれた貿易大学(ハノイ)日本語学部学部長Nguyen Van Hao氏との長年の約束を果たすことができ、忘れがたい思い出である。Nguyen Van Hao氏とはこれまで30数年来のお付き合いで、私が海外での日本語教育の情熱を持ち続ける一つの大きな心の支えである。この海外において一人でも多くの日本ファン作りのため、日本語教育の情熱という気持ちを忘れることなく、今後も海外の教育現場で日本語教育に従事していきたい。

今後の目標

(1)外国語の学習継続

(2)海外の日本語教育事情把握に力を注ぐ

(3)ケースで学ぶ日本事情