賞の概要

「国際交流基金地球市民賞」とは

国際交流基金地球市民賞は、1985年、全国各地で国際文化交流活動を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、互いの知恵やアイディア、情報を交換し、ともに考える団体を支援する賞として創設されました。最初の名称は「国際交流基金地域交流振興賞」、2004年には「国際交流基金地域交流賞」、2005年からは「国際交流基金地球市民賞」に改称し、現在に至っています。

2013年度に、選考および応募方法を改訂し現在に至っています。

選考/受賞

外部の有識者から構成される選考委員会で2度にわたる選考により受賞団体が選考されます。

受賞団体には、正賞(賞状)ならびに副賞(200万円)を贈呈します。

これまでの31年の歴史の間に、理事長特別賞4件を含め100の団体が受賞されています。

ページトップへ戻る