「国際交流基金地球市民賞」とは

「国際交流基金地球市民賞」とは

国際交流基金地球市民賞は、1985年、全国各地で国際文化交流活動を通じて、日本と海外の市民同士の結びつきや連携を深め、互いの知恵やアイディア、情報を交換し、ともに考える団体を支援する賞として創設されました。最初の名称は「国際交流基金地域交流振興賞」、2004年には「国際交流基金地域交流賞」、2005年からは「国際交流基金地球市民賞」に改称し、現在に至っております。

2013年度から、選考および応募方法を改定しました。主な変更点は下記の3点です。

  1. 1.選考方法が変りました。
    応募団体の対象活動を「文化芸術による地域づくりの推進」「多様な文化の共生の推進」「市民連携・国際相互理解の推進」と定義し、応募資格をより明確にしました。
  2. 2.自薦エントリーが可能となりました。
    これまでエントリーは他薦に限定していましたが、自薦も可能となりました。
  3. 3.社会的企業などの営利団体もエントリーできるようになりました。
    これまでの対象団体は非営利団体に限定していましたが、「公益性の高い文化交流活動を行っている日本国内の団体」と変更し、社会的企業などからの応募も可能となりました。

外部の有識者から構成される選考委員会で2度にわたる選考により受賞団体が選考されます。受賞団体には、正賞(賞状)ならびに副賞(200万円)を贈呈します。

  • 授賞件数 3件以内
  • 授賞内容 正賞(賞状)及び副賞200万円

これまでの30年の歴史の間に、理事長特別表彰4件を含め94の団体が受賞されています。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
コミュニケーションセンター 地球市民賞事務局
電話:03-5369-6075 / ファックス:03-5369-6044
chikyushimin@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る