KAKEHASHI Project〜科学技術分野 学生サイエンティスト短期派遣〜サイエンス・インカレ 成績優秀者、23名を米国に派遣

2014年8月26日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本政府(外務省)が推進する日米間の青少年交流"KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow-"(北米地域との青少年交流)の一環として、去る3月に実施された第3回サイエンス・インカレ(注1)で優秀な成績を収めた23名の学生を文部科学省の協力を得て米国に派遣します。

参加者は10日間の日程で訪米し、自身の研究について米国企業や大学にてプレゼンテーションを行い、日本の科学技術を発信するほか、世界的に有名な研究所や団体等を訪れ、米国の若手サイエンティスト等との交流を深めます。

(注1)サイエンス・インカレ
自然科学を学ぶ日本全国の大学生、高等専門学校生を対象として行われる、文部科学省主催の研究発表会。今年3月に行われた第3回サイエンス・インカレでは、書類審査を通過した171組の発表の中から、「文部科学大臣表彰」1組、「独立行政法人科学技術振興機構理事長賞」5組、「サイエンス・インカレ奨励表彰」10組などが表彰された。(http://www.science-i.jp/

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室 (担当:大西)
電話:03-5369-6022 / ファックス: 03-5369-6042 / Eメール: jfkakehashi@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 / ファックス: 03-5369-6044 / Eメール: press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る