KAKEHASHI Project~日米青少年交流事業 日本の未来を担う若手研究者を米国に派遣(第1陣) ~若手研究者14名、ワシントンDC等で政策対話などを実施~

2014年9月2日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本政府(外務省)が推進する日米間の青少年交流 "KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow-" (北米地域との青少年交流)の一環として、日米の知的交流の未来を担う日本人若手研究者を、順次米国に派遣します。

第1陣となる今回は、日本の8つの大学が共同でワシントンDCに設立・運営を行っているシンクタンク「日米研究インスティテュート(USJI)」、および持続可能な開発の実現に向け実践的な政策研究を行う「地球環境戦略研究機関(IGES)」の協力を得て、14名の若手研究者が10日間の日程で訪問します。米国の政策関連の活動が活発に行われるワシントンDCを中心に訪れ、米国シンクタンクの若手研究者や実政策担当者等と意見交換を行うほか、米国を代表する企業や研究所、また災害支援のNGO団体を訪問し、米国への理解を深め、今後の日米間のあり方について考える機会とします。

今後の日米知的交流の担い手として期待される若き研究者たちが、米国で同様の課題に取り組む研究者との交流の様子などを、是非ご取材いただけますと幸いです。詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室 (担当:吉田、両角)
電話:03-5369-6022 / ファックス: 03-5369-6042 / Eメール: jfkakehashijpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)
取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 / ファックス: 03-5369-6044 / Eメール: pressjpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る