日米若手クリエーター交流 第3弾 若手アニメーター米国派遣事業 次世代を担う期待の若手アニメクリエーター全米最大規模のNYコミコンで作品を上映

2014 年9 月25日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、クール・ジャパンの主要分野であるファッション、デザイン、アニメ、アートの4分野を対象とした「日米若手クリエーター交流」事業を2014年度から実施しています。2014年10月にはその第3弾として、国内外で賞を受賞するなど、今後の更なる活躍が期待される日本人若手アニメクリエーター(監督、作家等)5名を、米国へ派遣します。

今回は、7日間の日程で、世界のエンターテイメント産業への発信力が高いニューヨークと著名アニメーションスタジオが多くあるサンフランシスコを訪問し、現地のアニメーションスタジオや文化施設を訪れ、そこでの交流を通して、日米間のネットワーク形成を図ります。また、全米から10万人以上のアニメ・コミックファンが集うコンベンション「ニューヨーク・コミコン」にて、日米のアニメーション業界に精通しているBlue Sky StudiosJustin Leach氏をモデレーターに迎え、参加者の作品上映やトークショーを実施します。彼らの作品を通して、日本文化の魅力を発信し、日本的な「価値」についての理解や関心を深めることを期待しています。次世代を担う期待の若手アニメクリエーターたちの米国での奮闘振りを是非ご取材いただけますと幸いです。ご取材についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室 (担当:原田)
電話:03-5369-6022 / Eメール: Mami_Haradajpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)
取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 / ファックス: 03-5369-6044 / Eメール: pressjpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る