KAKEHASHI Project~日米青少年交流事業 全米から日系人青年招へい 第3陣 19名が来日 10月13日~23日、日系人の歴史とルーツをたどって福島へ

2014年9月30日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本政府(外務省)が推進する日米間の青少年交流"KAKEHASHI Project -The Bridge for Tomorrow-" (北米地域との青少年交流)の一環として、全米から選抜された日系人大学生・大学院生合計100名を、2014年度、5月から3回に分けて招へいしています。この第3陣として10月13日より10日間の日程で19名が来日します。

参加者は、日本の移民関連施設や企業への訪問を通して、日系人のルーツや日米関係における役割について学びます。また、海外に住む多くの日系人の故郷とされる福島県を訪問し、農業体験や料理交流を通じて地元の方との交流を行ったり、学校交流を行ったりすることで、日本の魅力についての理解を深めます。詳細についてはお問い合わせください。

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 青少年交流室 (担当:大西、大野)
電話:03-5369-6022 / Eメール: Makoto_Ohnishijpf.go.jp / Asami_Onojpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)
取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:川久保、麦谷)
電話:03-5369-6089 / ファックス: 03-5369-6044 / Eメール: pressjpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

関係資料

ページトップへ戻る