第21回シドニー・ビエンナーレ 企画発表会
7月19日(水曜日)在日オーストラリア大使館において芸術監督・片岡真実が登壇

2017年7月10日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2018年3月16日から6月11日まで開催される「第21回シドニー・ビエンナーレ」に助成をしております。

このたび、1973年より実施されている本国際展の来年の芸術監督に、片岡真実氏(森美術館チーフ・キュレーター)が就任することとなりました。また、現時点で、日本人アーティストの柳幸典氏、野口里佳氏、流井幸治氏の3名の参加が決定しています。つきましては、7月19日、日本において「第21回シドニー・ビエンナーレ 企画発表会」を開催する運びとなりました。片岡真実氏はじめ日本人作家の数名の登壇も予定しております。

お問い合わせ

本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金シドニー日本文化センター(担当:古志)
Eメール:ayusa_koshi@jpf.org.au

本企画発表会に関するお問い合わせ
在日オーストラリア大使館 広報文化部(担当:徳、金子)
電話:03-5232-4024 ファックス:03-5232-4114
Eメール:Communications.tokyo@dfat.gov.au

当基金に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉、二村、常盤)
電話: 03-5369-6075 ファックス: 03-5369-6044
Eメール: press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

関係資料

ページトップへ戻る