インドネシアのミュージカル映画を観るチャンス
3月21日、名作『三人姉妹』新旧2作品上映
リメイク版プロデューサーメリッサ・カリム氏ゲスト登壇決定

2018年3月16日

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)アジアセンターは、3月21日(水曜日・祝)、ミュージカル・コメディ『三人姉妹』(1956年・デジタル修復版)と、同作品を現代版にアレンジ・リメイクした『三人姉妹』(2016年)を上映します。

詳細は配信プレスリリース【PDF:552KB】をご覧ください。

  • メリッサ・カリム氏の写真
    メリッサ・カリム氏
  • の写真
    三人姉妹(2016年版 ) (c)KalyanaShiraFilms/SAFilms(2016)

1956年版は、インドネシアの巨匠ウスマイル・イスマイル監督の名作。2016年版は、インドネシアのLGBT映画の先駆者としても知られるニア・ディナタ監督による作品です。また、2016年版作品のプロデューサーメリッサ・カリム氏をゲストに迎え、各回上映後にQ&Aおよびアフタートークを実施します。

当基金アジアセンターは、東南アジア地域の映画の定期上映会「FUN! FUN! ASIAN CINEMA」を、昨年9月より都内で実施しています。ジャンルや時代を超えて愛されているものの、日本での紹介機会が限られている東南アジア映画を日本の若い世代を中心に知ってもらう機会を創出しています。今回の上映は、本事業の第4弾として開催いたします。

配信プレスリリース

事業ページ

お問い合わせ

主催者・本事業に関するお問い合わせ
国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム(担当:滝本、掛谷)
電話:03-5369-6140

取材に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(担当:熊倉)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る