国際交流基金アジアセンター×東京国際映画祭
『アジア三面鏡2018:Journey』予告編&ポスタービジュアル解禁

2018年9月6日

アジア三面鏡2018:Journeyポスター画像

国際交流基金アジアセンターと東京国際映画祭(Tokyo International Film Festival:以下、TIFF)による映画交流事業、アジア・オムニバス映画製作シリーズ「アジア三面鏡」第2弾、『アジア三面鏡2018:Journey』の予告編映像とポスタービジュアルが完成しました。

アジアの気鋭監督3名が、ひとつのテーマのもとにオムニバス映画を共同製作するプロジェクト「アジア三面鏡」。第2弾作品では、松永大司監督(日本)、デグナー監督(中国)、エドウィン監督(インドネシア)の3名が参加しました。「旅」を共通のテーマとして若手監督らしい瑞々しい感性で制作され、アジアを旅する人々を通じ、未来への希望を感じさせる3作品になりました。

配信プレスリリース

お問い合わせ

取材に関するお問い合わせ:
国際交流基金 コミュニケーションセンター
広報担当:熊倉
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp

本事業に関するお問い合わせ:
国際交流基金 アジアセンター文化事業第1チーム
担当:掛谷、村田
Tel: 03-5369-6140

(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderダウンロードページGet ADOBE READERよりダウンロードできます。

ページトップへ戻る