【取材のお願い】響きあうアジア2019 「『サタンジャワ』サイレント映画+立体音響コンサート」初公演
舞台出演者決定のお知らせ
~インドネシアから多数の才気あふれるアーティストが来日~

2019年5月27日

国際交流基金アジアセンターは、2019年4月5日付けのプレスリリースで発表した通り、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典「響きあうアジア2019」の一環として、2019年7月2日(火曜日)に「『サタンジャワ』 サイレント映画+立体音響コンサート」を実施します。

このたび、既に本公演への舞台出演が決定していた「水曜日のカンパネラ」コムアイ氏に加え、インドネシアから才能豊かな俳優、ボーカル、楽器奏者らが多数来日し、出演することが決定しましたのでお知らせいたします。出演者の詳細については、後頁をご覧ください。

公演では、映画『サタンジャワ』の出演者ルルク・アリ・プラセティオ氏、ヘル・プルワント氏、ドロテア・クイン氏の3名が、サイレント映像の中から抜け出したかのように、その声と舞踊を披露します。詩人であり舞台や映画でも活躍する国際的アーティストであるグナワン・マルヤント氏は、詩やマントラを舞台上で自在に操ります。ほかにもインドネシア伝統楽器の奏者など、一流アーティストが来日予定です。

また、音楽・音響を手がけるサウンドデザイナー森永泰弘氏が、今回のために4月にインドネシアへ渡航し、リサーチとフィールドレコーディングを実施しました。コムアイ氏も加わり、国や文化を超え、インドネシアの音楽家とのセッションが行われました。この様子についてもあわせてご報告しますので、ご参照ください。

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る