【ご報告】7月7日、世界各地で64万人が挑戦!
2019年日本語能力試験(JLPT)第1回試験
~受験応募者数は前年度同回から約10万人増加、過去最多を更新~

2019年6月28日

国際交流基金は、2019年7月7日、海外46の国・地域、147都市で「2019年第1回日本語能力試験(JLPT)」を実施します。

この試験は、日本語を母語としない人の日本語能力を測定し、認定する試験としては世界最大規模のもので、毎年2回実施されています。今年で35年目を迎え、試験を実施する国・都市も年々増加しています。前年度同回の試験と比べて、海外の応募者数は約6万2000人(17%)、国内でも約3万7000人(21%)増加し、過去最多の受験応募者数を更新しました。

特に海外では、引き続き堅調に増加した東アジア地域はもちろん、東南アジアは26%、南アジアは32%と大幅に増加しました。実施国では、中国、韓国に続き、ベトナムが9%伸びて3位となりました。

レベル別ではN4レベルの受験者が36%増加し、日本での留学・就労ニーズ等を背景に、各地域における日本語学習への関心がますます高まっていることがうかがえます。

  • 受験応募者数・実施都市数グラフ

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る