【ご報告】安倍総理にアジア文化交流政策「文化のWA」の継続・発展を要望する提言書が提出されました

2019年10月31日

本日、2019年10月31日(木曜日)午前に、国際交流基金アジアセンター事業諮問委員会座長の山内昌之(やまうち まさゆき)氏(東京大学名誉教授)と、国際交流基金の運営に関する諮問委員会座長の五百旗頭真(いおきべ まこと)氏(兵庫県立大学理事長)が、安倍晋三内閣総理大臣を表敬し、それぞれ、「『文化のWAプロジェクト』(日本とアジアの文化交流)継続への提言」、「『文化のWAプロジェクト』発展に向けた提言」を手交し、活動の継続・発展を要望しました。

安倍総理からは、山内・五百旗頭両座長のこれまでの尽力に敬意を表したい旨、また、『文化のWAプロジェクト』をはじめとする日本の文化外交に対して各国から評価が得られている旨、発言がありました。

また、安倍総理から、各国における日本語及び日本文化への関心の高さについて言及しつつ、日本の文化的な魅力を維持することを含め、こうした取組を継続することが重要である旨、あわせて発言がありました。 両委員会のメンバー及び提言書の全文については、別添をご参照ください。

  • 左:山内昌之氏と右:安倍晋三内閣総理大臣の画像
    写真左:山内昌之氏
  • 左から安藤理事長、山内昌之氏、安倍晋三内閣総理大臣、五百旗頭真氏の画像
  • 左:五百旗頭真氏と右:安倍晋三内閣総理大臣の画像
    写真左:五百旗頭真氏

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る