【取材のお願い】外国人が日本で生活する際に必要な基礎的な日本語コミュニケーション力を身につけるための教材『いろどり 生活の日本語』
3月31日ウェブ公開

2020年3月30日

『いろどり 生活の日本語』初級1の表紙画像『いろどり 生活の日本語』初級2の表紙画像

国際交流基金は、新たな在留資格「特定技能」等で来日する方をはじめとする外国人のための日本語教材『いろどり 生活の日本語』(初級1、2)を3月31日(火曜日)にウェブサイト上で公開します。

この教材は、海外及び日本国内の日本語教育機関において、主として「特定技能」の資格等で来日する人のためのコースやクラスで活用されることを想定し、2019年8月に公開した「JF生活日本語Can-do」を学習目標に設定して制作しました。「JF生活日本語Can-do」は、日本語を母語としない外国人が日本での生活や仕事の場面で必要となる基礎的な日本語コミュニケーション力をCan-do ステートメント(「~できる」という課題遂行力を表す形)で記述したリストで、国際交流基金が2010年から公開している「JF日本語教育スタンダード」の理念や考え方に基づいて開発したものです。

初めて日本で生活する学習者は、どのような日本語の能力を身につけておく必要があるのかを実践的に学ぶことができます。また、国内で、日本語を母語としない外国人を受け入れる機関や地域の方々に、日々の生活や仕事の中で必要となるコミュニケーションのレベルや方法を具体的に参照していただけることも期待しています。

『いろどり 生活の日本語』
https://www.irodori.jpf.go.jp/(3月31日(火曜日)公開)

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る