【ご報告】国際交流基金日本語基礎テスト
JFT-Basic)3月から日本国内でも実施開始

2021年1月21日

国際交流基金(JF)は、2021年3月から日本国内で、国際交流基金日本語基礎テスト(以下、JFT-Basic)を開始します。
JFT-Basicは、主として就労のために来日する外国人が遭遇する生活場面でのコミュニケーションに必要な日本語能力を測定し、「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力」があるかどうかを判定することを目的としています。2019年4月以降、海外(モンゴル、インドネシア、カンボジア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ネパール)において実施し、14,900名が受験し、5,543名が基準点に到達しています(2020年12月9日時点)。

2019年4月に創設された在留資格「特定技能1号」の申請には、特定産業分野の技能試験と、日本語試験の合格が要件(技能実習2号を良好に修了した者はいずれの試験も免除)となっています。JFT-Basicは、「特定技能1号」を得るために必要な日本語能力水準を測る試験としても活用されています。

特定技能の技能試験は、14の特定産業分野のうち13分野が日本国内で実施されており、JFT-Basicの国内実施によって、在留資格「特定技能1号」申請希望者には、これまでの日本語能力試験(JLPT)のN4レベル以上の受験のほかにJFT-Basic受験という選択肢が加わり利便性が増します。また、47都道府県120都市程度の会場で試験を実施予定で、受験者は最寄りの会場で受験することが可能です。

試験実施イメージの写真
試験実施イメージ

JFT-Basicの特徴】

  1. (1)2019年4月に新設された在留資格「特定技能1号」の申請に使えます。
  2. (2)テスト会場でコンピュータを使用して出題、解答します。テスト結果は受験後すぐにわかります。
  3. (3)テストは年6回実施予定。受験機会が多くあります。

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る