【取材のお願い】箏を通じてオンライン日中交流 11月18日開催
~オンラインで触れる!お箏の歴史と音色の魅力~

2021年11月11日

国際交流基金(JF)日中交流センターは、2021年11月18日(木曜日)に日本語を学ぶ中国の大学生を対象として、「お箏で遊んでみよう」をテーマとしたレクチャーとデモンストレーションによるオンラインワークショップを開催します。

講師には箏曲家で、NHK「にっぽんの芸能」やテレビ朝日系「題名のない音楽会」等のメディアにもご出演経験のある森梓紗先生をお迎えします。今回のワークショップではまず日本における箏の発展の歴史について講義が行われ、箏の様々な奏法や音色の紹介のほか、代表的な箏曲の実演奏も行われます。講義の後には、本ワークショップの最大の特徴として、中国の参加者が実際に日用品やお箏を使って水音等、自由に様々な音表現に挑戦するコーナーを設け、箏を通じた日中交流を行います。

日中交流センターでは、日本の情報に接する機会が比較的少ない中国地方都市において、青年層を主な対象に、対日理解と交流を促進するための「ふれあいの場」事業を実施しています。新型コロナウイルスの影響で日中間の渡航往来が困難となるなか、「日本文化の魅力を中国に届けよう」という目的のもと、「ふれあいの場」へ和楽器や着物、書籍といった様々な日本文化用品を寄贈しました。これらの寄贈品の一つである文化箏を、実際に中国の参加者が使用し、箏の音色や魅力を体験します。

森梓紗先生の写真
森 梓紗 先生

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る