【取材のお願い】CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭 全作品ラインナップ決定!
~絶品!「食」にまつわるアジア映画と東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA」アンコール特集~

2021年12月16日

国際交流基金アジアセンターは東京国際映画祭(TIFF)と共催し、2022年1月21日(金曜日)~2月3日(木曜日)にかけて「CROSSCUT ASIA おいしい!オンライン映画祭」を実施します。「CROSSCUT ASIA」は2014年から2019年の6年間にわたり、TIFFの一部門として東南アジアの国、監督、テーマ等、さまざまな切り口でアジア映画の特集上映を行ってきました。このたび、オンラインで2部構成の特別編として復活し、「CROSSCUT ASIA特別編「おいしい」アジア映画特集」部門と「CROSSCUT ASIAアンコール」部門として計13プログラムを無料配信上映します。
本映画祭のメイントピックは「食」。「CROSSCUT ASIA 特別編「おいしい」アジア映画特集」部門からは、数々の国際映画祭に出品を果たしたシンガポールを代表する映画監督、エリック・クー監督による『ワンタンミー』や、ジェイ・アベリョ監督によるネグロス島(フィリピン)の料理が目にも美味しいロマンティックコメディ『デリシャス!』、2021年ロカルノ国際映画祭金豹賞受賞の鬼才エドウィン監督によるインドネシアの"旅×食"ムービー『アルナとその好物』等全7作品を上映します。
CROSSCUT ASIAアンコール」部門は、これまでにTIFFの「CROSSCUT ASIA」部門で上映され好評を博した作品から厳選してお届けします。Netflixの『恋に落ちない世界』が記憶に新しい女性監督ニア・ディナタによるインドネシアのミュージカル映画『三人姉妹(2016年版)』や、マレーシアの15人の監督によるオムニバス映画やミュージックビデオが盛り込まれている短編集「ピート・テオ特集」等バラエティに富むプログラムを上映します。

  本映画祭関連企画「スペシャルメニュー」では、映画監督らのトーク、食にまつわるインタビュー等もお届けします。「CROSSCUT ASIAアンコール」部門上映作品の1つでもある「ピート・テオ特集」の企画・統括をした、ミュージシャン・映画俳優・プロデューサー・監督とマルチな活動歴を持つピート・テオが本オンライン映画祭のためだけに特別ビデオを作成します。その他、映像や記事が盛りだくさん。詳細は本映画祭公式サイト上にてお知らせします。ぜひ、お楽しみください。

詳しくは 配信プレスリリース【PDF:1.18MB】をご覧ください。

配信プレスリリース

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 コミュニケーションセンター(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る