【取材のお願い】2021年度「海外日本語教育機関調査」結果
全世界の「日本語教育機関数」「日本語教師数」「日本語学習者数」
~コロナ禍においても学校教育機関でほぼ横ばい、学校教育以外の機関で減少~

2022年11月24日

国際交流基金(JF)は、1974年から約3年に1度、海外における日本語教育機関の状況を把握するために「海外日本語教育機関調査」を実施しています。

2021年度の本調査では、141の国・地域において日本語教育が実施されていることを確認しました。全体として日本語教育機関数(以下、機関数)、日本語教師数(以下、教師数)、日本語学習者数(以下、学習者数)ともに前回より減少しましたが、機関数と教師数は過去の調査で最多だった前回調査に次ぐ数となり、学習者数については3番目に位置づけられる結果となりました。

また、今回調査では初めて各機関のオンライン授業の実施状況を捕捉し、オンライン授業の実施状況が各国・地域の日本語教育に影響していることがわかりました。

配信プレスリリース

関係資料

事業ページ

お問い合わせ

この件に関するお問い合わせ
国際交流基金 広報部(広報担当:熊倉、原田)
電話:03-5369-6075 ファックス:03-5369-6044
Eメール:press@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る