シンポジウム「国際文化フェスティバルと地域社会へのインパクト」

近年、地域再生の原動力として文化や芸術の役割が注目され、多くの都市や地域で様々な取り組みが行なわれ始めています。本シンポジウムでは、地方都市や過疎地で開催される現代アートや映画、音楽など、分野横断的に文化イベントの事例を取り上げ、それぞれの開催地での反応や市民との関わり方を考察することで、社会的な側面から国際文化フェスティバルと地域活性化の可能性について探求したいと思います。

日時 2009年2月11日 水曜日(祝日) 13時から17時
会場 青学会館(アイビーホール)3階 「ナルド」 アクセス
プログラム 12時30分 開場
13時から16時 5名のスピーカーによる講演
(14時40分から15時 休憩)
16時から17時 パネル・ディスカッション
※シンポジウム終了後、懇親会を予定しております。
スピーカー 高橋卓也氏(山形国際ドキュメンタリー映画祭・山形事務局長)
北川フラム氏(大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ総合ディレクター)
田中浩氏(武生国際音楽祭推進会議理事)
芹沢高志氏(別府現代芸術フェスティバル総合ディレクター)
後藤和子氏(埼玉大学教授・モデレーター)
参加費 無料
参加申込先 お名前、ご所属、ご連絡先および懇親会への出欠を明記の上、2月8日 日曜日までにEメールにてお申し込みください。E-mail
主催 国際交流共同研究センター

ページトップへ戻る