タジキスタン・キルギスにて箱根寄木細工職人による講演、ワークショップを実施

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、タジキスタン・キルギスにおいて、箱根細工技能師の篠田英治氏による講演、ワークショップを実施いたします。箱根寄木細工の歴史や特徴について、実演を交えながらお話いただくとともに、ご自身の作品や活動についても紹介いただきます。ワークショップでは、天然色の木材を使用した寄木細工作りを実際に体験していただきます。

作品:秘密箱の写真

概要

日時 2017年3月4日(土曜日)11時30分~12時30分、15時~16時
内容 ワークショップ(予約制)
場所 イスマイリ・センター(ドゥシャンベ市)
主催 国際交流基金、在タジキスタン日本国大使館
日時 2017年3月5日(日曜日)12時~13時、14時30分~15時30分
内容 講演、ワークショップ(予約制)
場所 イスマイリ・センター(ドゥシャンベ市)
主催 国際交流基金、在タジキスタン日本国大使館
日時 2017年3月7日(火曜日)10時~12時、15時~17時
内容 講演、ワークショップ(予約制)
場所 ビシュケク市内
主催 国際交流基金、在キルギス日本国大使館
日時 2017年3月8日(水曜日)10時~12時、15時~17時
内容 講演、ワークショップ(予約制)
場所 ビシュケク市内
主催 国際交流基金、在キルギス日本国大使館

プロフィール

篠田 英治(しのだ・えいじ)

高校卒業後京都で伝統工芸の基礎を学び、箱根で寄木細工を、小田原で指物の技術を習得。2013年に箱根細工技能師として認定され、2015年 に「寄木工房 銀」として独立。並行して同期の寄木細工職人と雑木囃子というグループを立ち上げ、様々な企画で国内外を問わず活動している。

篠田 英治氏の写真

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第2チーム
担当:小野寺
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038

ページトップへ戻る