巡回展「くまもとアートポリス」サウジアラビア(リヤド)展にあわせ、記念講演会を開催

八代市立高田あけぼの保育園の写真
八代市立高田あけぼの保育園
設計:みかんぐみ

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、サウジアラビア・リヤドにおいて巡回展「くまもとアートポリス」を開催するのに伴い、同プロジェクトのアドバイザーであり、建築家の曽我部昌史氏による記念講演会を現地において開催します。

講演会は建築関係者向けと一般向けの2回に分けて行われ、くまもとアートポリスの概要をリポートいただくとともに、曽我部氏ご自身の活動についても語っていただきます。

開催概要

ダール・アル・ウルーム大学との連携によるレクチャー
日時 2015月1月22日(木曜日)14時~16時
場所 ダール・アル・ウルーム大学

※同大学の建築学の教員との対談を含む

一般公開レクチャー
日時 2015年1月24日(土曜日)19時~21時
場所 国立博物館

※建築の専門家との討論を含む
主催:国際交流基金、在サウジアラビア日本国大使館

会期 2015年1月21日(水曜日)~2015年2月4日(水曜日)
会場 国立博物館

熊本県では1988年から、内外から優れた建築家を起用し、県内の自治体や民間の建造物を建設するプロジェクト「くまもとアートポリス」を実施しています。本展は、同事業によって生み出された代表的な建築を紹介すると共に、文化・建築による地域活性化、地域開発のあり方を考える内容になっています。

プロフィール(敬称略)

曽我部 昌史氏の写真
撮影:米谷享

曽我部 昌史(そがべ・まさし)

1962年福岡県生まれ。1988年東京工業大学大学院修士課程修了。伊東豊雄建築設計事務所入所。東京工業大学建築学科助手を経て、設計事務所「みかんぐみ」共同設立。2001年から2006年まで東京芸術大学先端芸術表現科助教授。2006年より神奈川大学工学部建築学科教授。1999年から2005年まで、くまもとアートポリス東京事務局委員、2005年より、くまもとアートポリスアドバイザー。現在に至る。
主な受賞作品に、「植柳新町地域学習センター」(KAP推進賞)、「SHIBUYA-AX」(JCDデザイン賞)など。
著書には「団地再生計画」(INAX出版)、「商店街再生計画」(洋泉社)、「POST-OFFICE」(TOTO出版)など(いずれも共著)。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:小野寺
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038
Eメール:Yuka_Onodera@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る