Tokyo Before/After(海外巡回展)

2020年の東京オリンピックを控え、東京への関心が世界中で高まりを見せている中、本展では約80点の作品を取り上げ、1930〜40年代の東京を撮影した写真家たちの作品を、2010年代以降のそれと対比する形で展示します。二つの時代の日本の写真家たちの作品を通じて、多面的な顔を持つ巨大都市・東京の姿を、その具体的なイメージを通して深く理解してもらうことができれば幸いです。

監修
飯沢耕太郎(写真評論家)

出品作家
Before: 光画、NIPPON、桑原甲子雄
After: 荒木経惟、蜷川実花、題府基之、佐藤信太郎、有元伸也、林ナツミ、小林健太、森山大道

日程

2022年上旬(予定)オマーン

2021年10月22日~12月10日
ドイツ/ケルン日本文化会館(ケルン)

2021年6月21日~27日
ロシア/アルトエターシュ美術館(ウラジオストク)

2021年5月7日~21日
ロシア/極東美術館(ハバロフスク)

2021年4月2日~4月26日
ロシア/サハリン州立美術館(ユジノサハリンスク)

2020年10月2日~11月7日
米国/ルイビル大学美術館(ルイビル)

2020年1月25日~3月22日
ブラジル/カイシャ銀行文化センターサンパウロ(サンパウロ)

2019年11月14日~2020年1月5日
ブラジル/トヘ・マラコフ(レシフェ)

2019年8月6日~9月15日
ブラジル/カイシャ・文化センター(リオデジャネイロ)

2019年6月25日~7月21日
ブラジル/パラナ州博物館(クリチバ)

2019年5月9日~6月9日
ブラジル/カイシャ・文化センター(ブラジリア)

  • 光画の写真
    光画, 1932
  • NIPPONの写真
    NIPPON, 1938
  • 荒木経惟の作品写真
    荒木経惟 《Tombeau Tokyo》 2016/2017
    (c) Nobuyoshi Araki /Courtesy of Taka Ishii Gallery
  • 蜷川実花の作品写真
    蜷川実花 《TOKYO INNOCENCE》 2015
    (c) mika ninagawa /Courtesy of TOMIO KOYAMA GALLERY
  • 題府基之の作品写真
    題府基之 《Still Life》 2016
    (c) Motoyuki Daifu /Courtesy of MISAKO & ROSEN
  • 佐藤信太郎の作品写真
    佐藤信太郎 《 “Risen in the East” Asakusa, Taito Ward, April 10, 2011》 2011
    (c) SATO Shintaro, Courtesy of PGI
  • 有元伸也の作品写真
    有元伸也 《TOKYO CIRCULATION》 2016
    (c) Shinya Arimoto
  • 林ナツミの作品写真
    林ナツミ 《Today's Levitation 02/21/2011》 2011
    (c) Natsumi Hayashi
  • 小林健太の作品写真
    小林健太 《Untitled, #smudge #video》 2016
    (c) Kenta Cobayashi /Courtesy of GP Gallery
  • 森山大道の作品写真
    森山大道 《 “Dog and Mesh Tights” Silkscreen》 2018
    (c) Daido Moriyama Photo Foundation

ページトップへ戻る