テレビ番組『ドラマ「花嫁のれん」番外編』
放送開始のお知らせ
外国人女性6名が「加賀屋」で仲居修行に挑戦!

ドラマ「花嫁のれん」番外編のイメージ画像 The Japanese Hospitality Challenge Bride & Pride Spinn off

東海テレビ放送株式会社と国際交流基金(JF)が協力し制作したテレビ番組『日本のおもてなしに挑戦 ~ドラマ「花嫁のれん」番外編 ~』の放送スケジュールが決定しました。国内では2021年9月8日より東海テレビで放送を開始いたします。なお、海外においては、JFの事業対象国である、ボスニア・ヘルツェゴビナ、北マケドニア、ブルガリア、メキシコ、エルサルバドル、ジャマイカ、ザンビア等での放送を予定しています。

JFでは、親日感の醸成や対日理解を促すことを目的として、日本のコンテンツが放送されにくい国・地域を対象に、日本のテレビ番組を継続的に提供しています。この度、なかでも海外において人気の高かったテレビドラマ「花嫁のれん」の舞台となった金沢・能登にて撮影、ドキュメンタリー番組を制作いたしました。

オーディションで選ばれた6名の外国人女性が、日本の老舗旅館「加賀屋」において仲居修行に挑み、文化の壁、仲間との衝突など、様々なハードルを乗り越えながらも、「おもてなし」を通じて、日本の文化、日本人の心に触れる作品です。是非ご覧ください。

番組概要

番組タイトル

日本のおもてなしに挑戦 ~ドラマ「花嫁のれん」番外編 ~

ドラマ「花嫁のれん」のワンシーン01

放送日程 全6話

  1. 第1話 2021年9月8日(水曜日)26時50分~27時20分
  2. 第2話 2021年9月8日(水曜日)27時20分~27時50分
  3. 第3話 2021年9月15日(水曜日)26時50分~27時20分
  4. 第4話 2021年9月15日(水曜日)27時20分~ 27時50分
  5. 第5話 2021年9月22日(水曜日)27時~–27時30分
  6. 第6話 2021年9月22日(水曜日)27時30分~28時

放送チャンネル

東海テレビ(愛知・岐阜・三重の東海広域圏)

番組URL

https://www.tokai-tv.com/hanayome2021/

出演者

  • Emilie Jones(エミリー ジョーンズ)
  • Ana Cristina Argumedo Mendoza(アルグメド・アナ)
  • Lara Vazquez Blanca Maria(ララ・ブランカ)
  • Sitorakhon Muydinova(シトラホン ムイディノワ)
  • Christine Cunanan(クリスティーン・クナナン)
  • Pei Chen Chou(周ペイチェン)

ナレーション

羽田美智子

スタッフ

企画:
市野直規(東海テレビ)
プロデューサー:
藤冨恵理子(東海テレビ)、沼田通嗣(テレパック)
制作・著作:
東海テレビ放送株式会社、株式会社テレパック
制作協力:
独立行政法人国際交流基金(JF
ドラマ「花嫁のれん」のワンシーン02

あらすじ

“世界最高のホスピタリティ”として名高い、日本の「おもてなし」文化。2020年、日本全国にある旅館・ホテル軒数は、5万2千軒を超えた。その全ての宿泊施設の中で、「プロが選ぶ36年連続日本一」に輝いた老舗旅館が、石川県にある。その名も、「加賀屋」。
創業110年以上の歴史を誇るその旅館には、日本一の「おもてなし」を堪能しようと、国内のみならず、世界中から多くの宿泊客が訪れる。

この日本一の旅館「加賀屋」で、6人の在留外国人が仲居修行に挑むプロジェクトがスタートした。100名を超える応募者から選ばれたのは、アメリカ、メキシコ、スペイン、ウズベキスタン、フィリピン、台湾で生まれ、現在は日本で暮らしている6人の女性たち。彼女たちにとって、日本のスピリットである「おもてなし」はどのように映るのか。10日間にも及ぶ「加賀屋」での仲居修行は、簡単な道のりではない。重たい着物を着付けるのも一苦労。
礼儀作法だけでなく、挨拶一つにしても、全てに「おもてなし」の精神は宿っている。6つの文化、6つの価値観。その中で芽生える、共感や衝突…。日本の伝統文化を学びながら、仲居修行を通して6人は気づく。それぞれにとって「おもてなし」は違うということに。

「良き思い出は心の宝 心の宝を作っていただくことこそ、おもてなしの心」
この企画の発端となったのは、昼ドラ「花嫁のれん」。東海テレビ・フジテレビ系全国ネットで放送し、世界20以上の国と地域で放送・配信されている。石川県の老舗旅館を舞台に、日本が世界に誇る「おもてなしの心」を描き、「良き思い出は心の宝」という言葉が世界中で話題となった。それぞれ文化も性格も異なる6人に共通していたのは、このドラマに宿るスピリットのように、“心の宝”を作りたいという思いである。日本一の老舗旅館で仲居修行に挑戦した6人の女性たち。時には笑い、時には涙し、「おもてなし」の真髄を探し求めた先で得たものとは。

[お問い合わせ]

国際交流基金(JF)
映像事業部テレビ放送チーム
担当:白木 
Eメール:jfm_tv@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角に変更してください。)

ページトップへ戻る