「ひとみ座乙女文楽」の公演、ワークショップをコペンハーゲンで開催

Sibiu International Theatre Festival 2013の写真
Sibiu International Theatre Festival 2013
©Paul Baila

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2014年4月から6月にかけて、デンマーク2都市(ティーステッド、オーデンセ)で、海外巡回展「日本人形」を開催しました。今回、好評をいただいた展覧会に続き、デンマークでの日本人形への関心の高まりに応え、首都コペンハーゲンにて「ひとみ座乙女文楽」の公演および人形の操り方のワークショップを行います。

「乙女文楽」は、人形浄瑠璃から派生した伝統人形芝居です。「文楽」が男性3人で一体の人形を操るのに対し、「乙女文楽」の遣い手は一体につき女性1人です。そのため、人形の仕組みと操り方にさまざま工夫がなされ、人形と遣い手の動きがより一体化されたリアルな表現が可能となっています。女性ばかりで演じられる華やかな舞台もみどころです。

概要

日時 2014年10月28日(火曜日)
第1回公演・ワークショップ 10時30分~12時
第2回公演・ワークショップ 14時30分~16時
会場 リアルト・シアター Rialto Theater (Norrebro Teater - Frederiksbergscenen)
住所:Smallegade 2, 2000 Frederiksberg, Denmark
共催 国際交流基金、在デンマーク日本国大使館、コペンハーゲン商科大学

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 欧州・中東・アフリカチーム
担当:成山
電話:03-5369-6063 ファックス:03-5369-6038
Eメール:Reiko_Nariyama@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください)

ページトップへ戻る