野村万蔵狂言会
in NY&大田楽公演in ワシントンDC
全米桜祭りパレード、ストリート・フェスティバルを実施

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、日本祭り開催支援事業の一環で、ワシントンDCで開催されている「National Cherry Blossom Festival(全米桜祭り)」実施時期に合わせて、狂言師の野村万蔵氏、女優の松坂慶子氏を中心とした民俗芸能グループ「大田楽」の公演団(特定非営利活動法人ACT.JT)を派遣し、パレード、ストリート・フェスティバルで公演を実施します。

また、野村万蔵氏他狂言師3名でニューヨークのアジアソサエティにおいて、同ソサエティ創立60周年企画「シーズン・オブ・ジャパン」に華を添えるべく、狂言公演も実施するという、豪華プログラムです。

  • 大田楽の写真
  • 野村万蔵氏の写真1

大田楽 全米桜祭り公演

1.全米桜祭パレード:大田楽パレード

日時 平成28年4月16日(土曜日)10時~12時
場所
チケット 特別観覧エリアは要購入
Website http://www.nationalcherryblossomfestival.org/parade2016/

2.ストリート・フェスティバル:大田楽公演

日時 平成28年4月16日(土曜日)10時30分~18時
※大田楽公演は、14時45分~15時15分頃を予定
場所
チケット 要購入
主催 独立行政法人国際交流基金
企画制作 特定非営利活動法人ACT.JT

野村万蔵 狂言共演

日時 平成28年4月14日(木曜日)20時~21時30分
場所
チケット 事前要予約(無料)
主催
企画制作 特定非営利活動法人ACT.JT

概要

出演者 野村万蔵、小笠原匡、河野佑紀、松坂慶子、中井愛、山本尚広、鳴島健太、武田裕子、庄田志帆子、松代陽子、阿蘇品彩佳、石田涼祐、高井賢太郎、東本拓実、山科美佳
スタッフ 音楽: 和田啓、稲葉明徳
演出部: 菅原香織
衣装: 赤坂久美
制作: 赤坂明子

プロフィール

九世 野村万蔵(良介)

野村万蔵氏の写真2

1965年東京生まれ。父は初世 野村 萬(まん)(七世万蔵 本名太良)、人間国宝・芸術院会員・日本芸能実演家団体協議会会長・能楽協会理事長)。祖父は 故六世野村万蔵(人間国宝)。2000年に万蔵家の分家である与左衛門家を150年振りに再興し二世野村与十郎を襲名。2005年1月、兄野村万之丞急逝により、本家の名跡九世野村万蔵を襲名、野村万蔵家九代目当主となる。幼少より祖父及び父から厳しい稽古を受け、4歳にて「靱猿」の子猿役で初舞台を踏む。以後、「奈須与市語」(1985)「三番叟」(1988)「釣狐」(1990)「金岡」(1994)「花子」(1996)と、狂言の大曲秘曲を数多く演じる。

万蔵家一門の組織、萬狂言(よろずきょうげん)を率い、国内での公演にとどまらず、アメリカ、カナダ、スペイン、韓国等にて公演を催す。父 萬ゆずりの品位ある芸風は、現代では貴重な存在。 古典以外にも、復曲新作の能や狂言、さらには現代劇などにも出演し、狂言以外の俳優としても高い評価を得ている。

狂言の普及に勤め、お笑いタレントの南原清隆と「現代狂言」を立ち上げ、今年で10年になる。狂言を学びたいタレントや芸人に指導し、彼らをナビゲーターとして登場させた「ファミリー狂言会」や、セインカミュが解説する、外国人(英語)のための狂言会「YOKOSO KYOGEN」を立ち上げ、若者や外国人にも楽しんでもらえる狂言の紹介を行っている。また、狂言界の次世代の育成にも力をそそき、流派や家の垣根を超えた若手狂言師の会「立合狂言会」を2015年に発足させた。兄万之丞が設立した特定非営利活動法人ACT.JT(理事長野村萬)の理事として、失われた芸能「田楽」を再生した「大田楽」に演出出演で参加、地域活性化や社会教育、海外との文化交流を積極的に行っている。

松坂慶子

松坂慶子氏の写真

女優。東京生まれ。1969年に大映東京撮影所に入所し女優デビュー。1972年に松竹に入社。同年『辻が花』『黒の奔流』で製作者協会新人賞、ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞。以降、映画やドラマで活躍し、1979年に主演したテレビドラマ『水中花』では主題歌「愛の水中花」を歌い大ヒット。『青春の門』『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』『蒲田行進曲』『死の棘』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。その他『上海バンスキング』「火宅の人』など代表作多数。近年では[武士の家計簿][ガロ・蒼哭の魔竜]に出演。

テレビでは昨年度のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」をはじめ「春の波濤」(主演)、「義経」「篤姫」など8作品へ出演、NHK朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」「あさが来た」に出演。本年に入り1月から放送のテレビ朝日金曜ナイトドラマ[スミカスミレ]へも出演している。2015年には主演映画『ベトナムの風に吹かれて』が公開された。2009年には紫綬褒賞を受章。多岐に渡り活躍している。

大田楽には、伊勢神宮式年遷宮奉祝大田楽をはじめ、山代大田楽、伊東大田楽など数多く巫女役で参加。海外公演においてもワシントン、ホノルル、ウィーン、マドリード、グラナダでの大田楽に出演した。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 事業第1チーム
担当:向井
電話:03-5369-6061
Eメール:arts1@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください

ページトップへ戻る