森山直太朗・里アンナ×佐々木俊之・WHITE OUT TOKYO「全米桜祭り」オープニングセレモニー・関連イベント出演!!

※新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、オープニングセレモニーおよび関連イベントは中止となりました。
また、全米桜祭りスペシャル動画が3月22日(日曜日)より順次配信決定!詳細は全米桜祭り特設サイトをご確認ください。
特設サイト:https://nationalcherryblossomfestivallive.org/(英語表記のみ)

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、2020年3月20日より米国ワシントンD.C.で開催される「National Cherry Bloosom Festival(全米桜祭り)」の開催に合わせて、国内外で活躍する3組のアーティストを派遣し、オープニングセレモニーにてパフォーマンスを行います。
森山直太朗は、シンガーソングライター/作曲家の世武裕子のアレンジにより生まれ変わった『さくら(二〇一九)』を披露します。
大河ドラマ『西郷どん』のメインテーマで一躍注目を集めた奄美大島の唄者・里アンナとドラマー・佐々木俊之は、三線とドラムで島唄を奏でる異色ユニット。山本寛斎氏がデザインした衣装に身を包み、奄美の風をワシントンD.C.へ届けます。
WHITE OUT TOKYOは、吉本興業所属のA-NON率いるダンスチーム。2018年には、ロサンゼルスで行われた世界最大のアーバン・ダンス・コンペティション「WORLD OF DANCE 2018」の世界大会で優勝。圧巻のパフォーマンスを披露します。
日米両国の友好の象徴である桜祭り。米国市民の皆様との交流を通し、幅広いジャンルの日本文化へさらなる関心が集まることに期待しています。

NATIONAL CHERRY BLOSSOM FESTIVAL MARCH20 - APRIL 12, 2020 森山直太朗・里アンナ×佐々木俊之・WHITE OUT TOKYOの写真 copyright Makoto Ebi

全米桜祭り オープニングセレモニー※この公演は中止となりました

日時 2020年3月21日(土曜日)17時~18時30分
会場 Warner Theatre
出演 森山直太朗、里アンナ×佐々木俊之、WHITE OUT TOKYO
チケット 要事前予約(入場無料/別途 5ドルの登録料が必要。)
Webサイト https://nationalcherryblossomfestival.org/(英語表記のみ)
主催:
全米桜祭り実行委員会
共催:
国際交流基金
協力:
有限会社SETSUNA INTERNATIONAL、有限会社MINFAPLAN、吉本興業株式会社

プロフィール

森山直太朗(もりやま なおたろう)

森山直太朗(もりやま なおたろう)氏の写真

少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より本格的にギターを持ち楽曲作りを開始。その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでの活動を展開。2002年『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで一躍注目を集めた。その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されている。また、演劇活動としては近年では2012年に『とある物語』、2017年に『あの城』が上演され好評を博しており、音楽だけにとどまらない表現力には定評がある。2018年には、折々の活動を彩った全11曲を収録したアルバム「822」をリリース。レコーディングには、ジャンルと世代を超えた多彩なミュージシャンが参加した。アルバム「822」を引っ提げ、2018年~2019年の全51公演のロングツアー『人間の森』(動員数約7万人)を全国各地で開催した。その模様が収録されたDVD&Blu-rayの予約受付中(4/15発売予定)。アニメの主題歌として書き下ろされた新曲「ありがとうはこっちの言葉」では新たな森山直太朗の世界観が味わえる。

里アンナ×佐々木俊之(さと あんな×ささき としゆき)

里アンナ×佐々木俊之(さと あんな×ささき としゆき)氏の写真

奄美大島の唄者・里アンナとドラマー・佐々木俊之の異色ユニット。奄美大島の伝統的な島唄は、唄と太鼓(チジン)のみで成立するもの。その基本的な編成を大事にしつつ、島唄、三線、竪琴、西洋のドラムによって、既存のものにはない新しい音楽をクリエイトしている。里アンナは2005年の「愛・地球博」で山本寛斎プロデュースのイベント出演後にデビュー。2013 年、2015 年ミュージカル『レ・ミゼラブル』にファンテーヌ役で出演。ベルギーの振付家シディ・ラルビ・シェルカウイの作品『ICON』で島唄を歌唱。スペインのフラメンコダンサー・エバ・ジェルバブエナと共演。2018年大河ドラマ『西郷どん』のメインテーマに歌で参加し、女優として出演した。ドラマー・佐々木俊之は繊細かつ力強いドラミングが支持され、2014年に結成した自身のバンド「Nautilus」ではドイツの音楽レーベルからも作品を発表するなど、海外でも活躍。里アンナ×佐々木俊之のユニットでは、2016 年、フランスのコルシカ島で開催された歌のフェスティバル、パリ公演を成功させ、高い評価を得た。

WHITE OUT TOKYO(ホワイトアウトトーキョー)

WHITE OUT TOKYO(ホワイトアウトトーキョー)の写真

振付師・ダンサーのA-NONがプロデュースするダンスチーム。2017年9月に選抜されたダンサーたちで結成され、下は11歳~、25名のメンバーで構成される。A-NONが得意とするダンスジャンル・ワックを、団体で構成を組み込んだダイナミックなパフォーマンスが魅力。2018年2月に行われた「World of Dance 20188(WOD)」東京予選で優勝&ベストドレッサー賞の二冠を獲得し、世界基準点数を出場チームの中で唯一超え日本代表となる。同年に行われたロサンゼルスでの本戦も見事優勝。2019年3月には「Showstopper JAPAN」に出場し、日本大会の初代チャンピオンに輝き、同年7月にロサンゼルスで行われたFINAL、本戦ではグループ優勝、クリスタル賞、総合優勝と三冠を達成した。このWODShowstopper FINALの世界大会本戦を制したのは日本人初の快挙となる。

[お問い合わせ]

国際交流基金(ジャパンファウンデーション)
文化事業部 舞台芸術チーム
担当:十万、叺田、頃安
電話: 03-5369-6063
Eメールアドレス:pa@jpf.go.jp
(メールを送る際は、全角@マークを半角@マークに変更してください。)

ページトップへ戻る